多種多彩な人材が起こす化学反応が
金融のイノベーションを推進する

培ったスキルを転職先で存分に発揮し、自らの可能性を広げていく。まさにそれは転職の醍醐(だいご)味といえるだろう。三井住友フィナンシャルグループのグループ会社(以下SMBCグループ)であり、2021年新たに社内ベンチャーとして立ち上がったSMBCデジタルマーケティング(東京・千代田)取締役の平手佑季氏もその醍醐味を味わっているひとりだ。大学を卒業後、大手印刷会社に入り、その後外資系コンサルティング会社を経て三井住友銀行に入行。SMBCグループ全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)やITイノベーションをけん引後、現在はSMBCデジタルマーケティングにて金融ビッグデータを活用した新たな広告・マーケティングソリューションの開発・提供にまい進する。

自己の成長を信じて、未知の金融業界へ飛び込む

――現在に至るまでのご自身のキャリアの変遷について、教えていただけますか。

「大学を卒業後、まず大手の印刷会社に就職しました。元々、印刷物やデザインが好きで、またいろいろな業界と仕事ができるということにも魅力を感じていました。駆け出し時代の6年間は営業部門で担当企業のチラシやパンフレット、ウェブサイトの制作などを手がけました。仕事をしながら、会社から中央大学のMBA(経営学修士)コースに派遣され、経営・マーケティングなどを学ぶ機会にも恵まれました。その後は経営企画部で3年間、会社の経営判断に関わるような重要なプロジェクトに何度も従事しましたが、その都度、経営スキルの重要性を強く認識しました。その後、コンサル会社に転職したのは、コンサル会社の方と何度か一緒に仕事をする機会があり、コンサルタントの考え方や仕事の進め方に触れたことで、自分もそのスキルを身につける必要性に駆られたからです」

――転職先の外資系コンサル会社では通信やインターネット、ハイテク業界を担当されたそうですね。

「先輩コンサルタントに付いて仕事のイロハを学びながら、クライアント企業の新規事業開発や中期経営計画の立案などに携わりました。コンサル時代の3年半で論理的な思考法や課題解決のための方法論など基本的な経営手法を身につけられたかなと思う一方で、担当するクライアントが半年前後で目まぐるしく変わる現実にも疑問を感じるようになりました。自分の仕事や働き方を今一度見つめ直してみよう。そう考え始めたのが次なる転職のきっかけでした」

――金融機関は平手さんのキャリアの中で接点がない業界でしたが、あえて未知なる分野にチャレンジしようと思われた理由は何でしょう?

「じっくり腰を据えて働くならば、この先、成長が期待できる領域がいいな、と考えました。成長が見込める分野なら、今後の事業拡大の可能性や豊富なビジネスチャンスがあり、そこに自己成長環境もあると思ったためです。ちょうどそのころです。AI(人工知能)やフィンテックといった言葉が登場しはじめたのは。確かに金融業界は未知なる業界だったので、仕事の合間に業界研究をして、面接の際には、新規事業の仮説をスライドにまとめてプレゼンもしました。最終的な決め手は、金融業界におけるデジタル化の伸びしろ、事業ポテンシャルの大きさでした。ただ、企業文化については未知のところが多く、就職の前に学生が読む業界研究本を買って読んだり、テレビドラマの『半沢直樹』を見直したりして、かなり初歩的な情報からリサーチをしていました。(笑)」

デジタルに本気、だから働きやすい

SMBCグループの金融データ・アセットと電通グループのノウハウを持ち寄り、個人・法人両者に寄り添った広告・マーケティング事業を目指す

――実際に働いてみて、SMBCグループの印象はいかがですか?

「外から見ているだけだと『3メガバンク』の違いは正直、よく分からないと思います。ただSMBCグループは2015年秋にイノベーションやDXを推進する「ITイノベーション推進部」(現在のデジタル戦略部)を設置したり、面接を通じて新しい取り組みに積極的にチャレンジしようとしている姿勢を感じました」
「私の転職はITイノベーション推進部発足のタイミングでした。同推進部のメンバーは25人ほどで、その半数はプロパーの行員でしたが、残りは転職組。私のようなコンサル出身もいればIT企業やプラットフォーマー出身者など前職のキャリアは様々でした。SMBCグループは中期経営計画で『情報産業化』を打ち出しています。経営陣はその実現に向け、しっかりとした覚悟で真摯に対応していると感じており、現場も動きやすい環境にある、と実感しています」

――SMBCグループ内で平手さんが取り組まれた仕事について具体的に教えてください。

「新規事業の発案やPoC(概念実証)を行ったり、東京・渋谷に17年秋誕生したSMBCグループ初のオープンイノベーション拠点「hoops link tokyo(フープス・リンク・トーキョー)」の立ち上げも担当しました。また、CDIO(Chief Digital Innovation Officer)直下の部隊として、SMBCグループにおいてデジタルを活用した新規事業アイデアを実現する場であるCDIOミーティングの運営も担っていました」
「電通グループと一緒に21年7月に設立した合弁会社、SMBCデジタルマーケティングもCDIOミーティングを経て実現した事業です。事業の構想段階から関わり、電通グループとの提携交渉も自ら行い、会社設立後は取締役に就きました。SMBCグループが保有する膨大な情報やデータを活用して、従来の金融サービス以外の分野における新たなビジネス構築がミッションです。前例のない事業であるため、他社の事例や競合の動きを真似るのではなく、先陣を切って事業を創り上げ、世の中に新しい仕組みやサービスを提供できる点はこの事業の大きな魅力です」

SMBCグループの金融データ・アセットと電通グループのノウハウを持ち寄り、個人・法人両者に寄り添った広告・マーケティング事業を目指す

リソース面でも新しいことに挑戦できる環境

――従来の金融機関のイメージを払拭するような変革が今、どんどん進んでいるようですね。

「多様なキャリア、多彩なバックグラウンドを持つ人材が集うことで職場に化学反応をもたらし、社内の空気も随分と変わってきているのではないでしょうか。それがSMBCグループのデジタル化やイノベーション推進の原動力にもなっています」

――デジタル人材は今、どの業界からも引っ張りだこですが、最後に中途採用の方に期待したいことやメッセージをお願いします。

「SMBCグループの金融ビッグデータをもっとうまく活用していけば、お客さま一人ひとりの興味・関心やライフスタイルに応じたサービスがぐんと広がるはずです。一般的には新しいことをやろうとするとまず予算などのリソースの問題が浮上しますが、SMBCグループではIT分野へ機動的に投資できる予算「CEO枠」が中期経営計画の3カ年で1300億円設けられるなど、潤沢な資金力を活かして事業を展開できることも魅力です」
「私自身、デジタル関連の仕事をしながら、会社の立ち上げや、マネジメント経験を通じ、新たなスキルを身につけられているように、自分がやりたいことをしっかりと提案すれば、十分実現できる会社、それがSMBCグループです。人材の多様化が進むと、互いに意見を戦わす場面は自然と増えるもの。異なる見解もいったんは素直に受け止める度量の広さを持ち、ビッグデータの分析が好きで、新しいチャレンジをしたい。そんな方の挑戦をお待ちしています」

<SMBCのDXをより深く>

SMBCは社会と企業をDXでつないでいく。
DX-link https://www.smfg.co.jp/dx_link/

【プロフィール】
SMBCデジタルマーケティング取締役 平手佑季
大学卒業後、大手印刷会社に就職。9年勤めた後、外資系コンサルティング会社に移り、戦略コンサルティング本部で通信・インターネット・ハイテク業界を担当。2015年秋に三井住友銀行に入行し、21年7月からSMBCデジタルマーケティング取締役。

【取材を終えて】
押し寄せるデジタル化の波に、対応を迫られているのは金融業界も例外ではない。インタビューを通じ、プロパーの行員だけでなく外部からの転職組の知見も次々に取り入れ、新たな時代に対応可能な企業へと急ピッチで脱皮を図ろうとしている様子がひしひしと伝わってきた。変革期はチャンスでもある。金融ビッグデータの分析などを通じて社会貢献もできれば、確かなやりがいを感じることだろう。

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。