セブン&アイグループのIT戦略を支える改革者たち

Interview
セブン&アイグループのIT戦略を支える改革者たち
インフラエンジニア
Vol.3

グループ全体のDX推進を支え、
快適かつセキュアな
ITインフラ環境を創造

グループ全体の売上高が12兆円に迫る巨大流通企業、セブン&アイ・ホールディングス(以下、セブン&アイHD)。お客様の暮らしの様々なニーズに対応していくため、デジタルトランスフォーメーション(DX)を加速させ、ITシステムの変革による競争力向上に注力しています。デジタル戦略を進める要となる"改革者"たちに迫りました。

セブン&アイHDではグループ全体のインフラ環境を共通化し、より効率的な運用を目指しています。その中核となる部署がITインフラ部とITソリューション部です。それぞれの業務の概要や仕事のやりがいなどをキャリア入社した4人の社員に聞きました。

挑戦するならまさに今。価値ある経験を積めるチャンス

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
グループDX戦略本部 ITインフラ部
シニアオフィサー

河村 聖悟さん
MEMBER 01

挑戦するならまさに今。
価値ある経験を積めるチャンス

ITインフラ部は2020年3月に新設された部署です。グループ全体の商用系サービスを支えるインフラの構築・提供を担っています。ミッションはグループを横断する高品質のITサービスをエンドユーザーに提供すること。現在、グループ共通基盤の構築は終盤に差しかかっており、次はシステム維持・運用機能の整備に取り組む段階です。業務の自動化を含めて運用の効率化を追求した形でエンハンス(改善・強化)を繰り返していくことになります。この記事を読んだ多くの方に当社に興味を持っていただきたいですね。

今後、インフラ共通基盤にはグループの様々なシステムが実装されます。巨大なエンタープライズのシステムをひとつひとつひも解いて理解し、基盤にのせていくことはエンジニアにとって貴重な経験だと思います。数社を渡り歩かないと経験できないようなことに関われるのは、非常に大きなやりがいやメリットになるのではないでしょうか。

会社からは大きな裁量を委ねられています。上司からはやりたい仕事を任せてもらえていますし、私もスタッフにどんどん任せています。もちろん何かあれば支援しますので、これから入社される方には積極的に自身のスキルを発揮して働いてほしいです。求めているのは常に改善を続けられる方。どうやったらより良くなるのかを考え抜き、変えていける方を期待しています。挑戦するならまさに今。このタイミングだからこその経験を積み重ねてもらいたいと願っています。

グループ各社への統合OA、統合ネットワークの導入を推進

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
グループDX戦略本部 ITソリューション部
シニアオフィサー

阿比留 竜一さん
MEMBER 02

グループ各社への統合OA、
統合ネットワークの導入を推進

私が率いるチームのミッションはグループ各社のOA環境とネットワーク環境などの社内系インフラをグループ横断のITサービスとして提供し、セキュリティレベルの向上を図っていくことです。今後、実現に向けて統合OA環境、統合ネットワーク環境のグループ各社への導入を推進します。

私が担当するOAやネットワークの領域では内製化の方針を掲げており、自ら手を動かして設計や構築、運用ができる人材を必要としています。

当グループの事業会社は多彩な業種、業態を展開しており、例えばPCやスマートデバイスの使い方は事業会社ごとに異なります。私たちは共通のITサービスを作るものの、どのようにお使いいただくかは各社各様です。導入して終わりではなく、事業会社の業務を理解して使い方を提案したり、改善したりすることで事業会社を支援します。やりがいは非常に大きいです。

また、裁量の大きさは他社と比較になりません。年齢やポジションに関係なく、任せてもらえる雰囲気があります。まだまだ組織を作り上げている段階なので多くの課題はあるものの、ひとつひとつ解決していくことは自己成長につながることをお約束します。

権限や裁量を委ねられるので、思い切り手腕を発揮できる

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
グループDX戦略本部 ITインフラ部
オフィサー

道田 朋子さん
MEMBER 03

権限や裁量を委ねられるので、
思い切り手腕を発揮できる

私が率いるチームのミッションは、グループ各社が作っている既存システムをセキュリティ高く、標準化した形でグループ共通基盤に集約することです。実現に向けて、プロジェクトのプレイングマネージャーとして全体をドライブするとともに、オンプレミス(自社保有)のシステムに関する設計・構築を手がけています。事業会社それぞれで価値観やITに関する予算が異なる中、Win-Winになるように取り図っていくことは難しい面もありますが、多くの権限や裁量を委ねてもらえており前向きに仕事に取り組めています。

2020年8月に当社に入社した一番の決め手は、イチからIT部門を作っていて、成長真っただ中の会社であったためです。以前に在籍していた金融系のシステム会社では、改善したいことがあってもなかなか許可が下りず、もどかしさを感じていました。その点、当社は組織づくりやインフラの最適化を本気で目指している上に、"何でも"前向きに取り組もうとする姿勢が非常に魅力的でした。

ITインフラ部はグループ全体のDX推進を支えているセクションです。まずはコスト効率とセキュリティレベルの向上を優先していますが、次は業界でも先端といわれる取り組みに着手していきたいと思っています。そちらでも先頭に立てるような存在になりたいです。

プロ意識の高い仲間と一緒に働く中、自らの成長を実感

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
グループDX戦略本部 ITインフラ部

古川 智恵さん
MEMBER 04

プロ意識の高い仲間と一緒に働く中、
自らの成長を実感

前職のシステムインテグレーター(SIer)ではインフラ全般の業務を担当していました。転職を考えたきっかけは、会社の業態が変わったことでユーザーとの距離ができてしまったことです。次第にユーザーを身近に感じられる事業会社のIT部門で働きたいと思うようになりました。当社に入社を決めた理由は成長性のある企業だと考えたためです。IT投資にも積極的ですし、グループ全体の最適化をしっかり考えている点にも惹かれました。

現在はグループ全体で使う大規模な共通インフラ基盤に関するサービス企画業務を担当しています。事業会社の担当者に共通基盤化のメリットを説明し、既存サービスを共通システムへ移行するための調整などが主な業務です。当部はほとんどのメンバーが初対面かつ在宅勤務をメインにプロジェクトを進めている状況で、このように大きなプロジェクトが推進できているのは、メンバーのプロ意識やマインドの高さによるものと驚いているところです。一緒に仕事をしているメンバーからは、今まで思ってもいなかったような視点や考え方をアドバイスしてもらうこともあります。

また入社して驚いたことは、レビューや成果物に対して、指摘や改善点だけでなく、良かったところや「ありがとう」など、ポジティブなフィードバックをもらえることです。
自分の成長だけでなく、モチベーションを高めることにもつながっています。
前職の頃からユーザーのIT活用促進に興味があったので、共通基盤への移行が落ち着いたら次はよりユーザーに近い立場で仕事ができたらと思っています。

Interview

セブン&アイグループの
IT戦略を支える改革者たち

AI活用の可能性を提示し、流通業を根本から変える。先駆者として活躍できる喜びは大きい
Vol.1ビッグデータ
・AI人材

AI活用の可能性を提示し、流通業を根本から変える。
先駆者として活躍できる喜びは大きい

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
グループDX戦略本部 ITソリューション部
シニアオフィサー

石川 信行さん
インタビューを読む
外部脅威が高まるなか、セキュリティ強化は不可欠。巨大グループの「安全」を守るダイナミックな活躍の場がある
Vol.2セキュリティ
エンジニア

外部脅威が高まるなか、セキュリティ強化は不可欠。
巨大グループの「安全」を守るダイナミックな活躍の場がある

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
グループDX戦略本部 セキュリティ基盤部
シニアオフィサー

廣畑 順也さん(写真中央)

グループDX戦略本部 セキュリティ基盤部
オフィサー

大石 幹さん(写真左)

グループDX戦略本部 セキュリティ基盤部

錦谷 未津樹さん(写真右)
インタビューを読む
グループ全体のDX推進を支え、快適かつセキュアなITインフラ環境を創造
Vol.3インフラ
エンジニア

グループ全体のDX推進を支え、
快適かつセキュアなITインフラ環境を創造

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
グループDX戦略本部 ITインフラ部
シニアオフィサー

河村 聖悟さん(写真左上)

グループDX戦略本部 ITソリューション部
シニアオフィサー

阿比留 竜一さん(写真右下)

グループDX戦略本部 ITインフラ部
オフィサー

道田 朋子さん(写真右上)

グループDX戦略本部 ITインフラ部

古川 智恵さん(写真左下)
インタビューを読む