ゼロイチへの嗅覚でチャンスつかむ 知的好奇心で転職

A.T.カーニー 滝健太郎パートナー

社会で活躍する若手リーダーたちはどのようにキャリアを形成していったのでしょうか。経営コンサルティング会社、A.T. カーニーの滝健太郎パートナーが、「創造と変革のリーダー」を招き、そのキャリア観を深掘りしていきます。

今回は、エンジニアとして活躍したあと、東南アジアに単身渡航し、海外子会社を立ち上げ、その後はフリーランスとして日本最大級のECサイトのリニューアルをリード、今は「LayerX」(ソフトウェアテクノロジーのスタートアップ)の創業期メンバー としてご活躍されている佐渡氏 (図表1)をお招きし、越境キャリアの経験がどのように生きたのか、明らかにします。

―――大学では国際政治経済を学んだ一方で、最初のキャリアはエンジニアでした。どのタイミングでプログラミングを習得されたのでしょうか?

佐渡氏 大学生の頃からサイバーエージェントで働いていましたが、私が慕っていた役員の方に「プログラミングは絶対やった方がいい」とアドバイスをいただいて勉強を始めました。

ただ、もともとずっと海外で仕事したくて、海外に行かせてほしいという話をしていたのですが、なかなかチャンスが無くて。サイバーで働いていたときに上司だった方が新しく会社を立ち上げた際に、私が海外に行きたいと言い続けていたのを覚えてくださっていて、ちょうど東南アジアに子会社を作ろうというタイミングで声をかけていただき転職しました。

―――なぜ海外で仕事をしたかったのですか?

佐渡氏 ちょうど東日本大震災のころですが、2011年にシリコンバレーに行きまして。そこでは、みんなが口々にUX(User experience)と言っていたんです。帰国してUXについて調べましたが何も検索にヒットせず、そのギャップに驚きました。シリコンバレーの場合は、AppleなどでハードウエアのUXを学んだ人たちが、FacebookやTwitterに転職し、今度はインターネット上のUXを良くするために体系立った知識が広まっていったのです。日本との差はかなり大きいなと思いました。せっかくやるなら日本でやるよりも、テクノロジーがもたらす変化の大きな場所で挑戦したいと考えるようになりました。

―――そのときにアメリカやシリコンバレーではなく、東南アジアに目を付けられたのは?

佐渡氏 同時多発テロ(9.11)以降、アメリカでは就労ビザや起業家ビザを取得するのが困難になりました。当時友人が複数名現地で起業したのですが、皆ビザが取れていなかったんですよね。ビザ取得にエネルギーをかけるより、価値創造にエネルギーをかけたほうが効率的だと思いました。それ以外のところで戦える土俵はどこだろうって考えた時に、東南アジアは人口ボーナスがこれから来ることは目に見えていました。シリコンバレーに行ったときに感じたUXの波や、これから起こる社会の変化はとても大きいだろうなって直感し、ゼロベースでやるなら東南アジアで戦ってみようと決めましたね。

―――東南アジアでは、どんなビジネスをされたのでしょうか?

佐渡氏 東南アジア子会社立ち上げのため、2011年10月に単身で渡航したのですが、インターネットやモバイル起点に何かをやるということ以外何も決まっていなかったんですね。空港やレンタルオフィスで寝泊まりしながら、ビジネスを模索しました。そのときに、ネットもスマートフォンもネット決済もそこまで広がりきっていないことに気づいたんです。スマートフォンはインドネシアで100-200万人しか持っていない状態で、ちょっとビジネスとして時間かかるよなと。結果的には、自社の海外開発拠点の立ち上げに切り替え、最終的にベトナムで子会社を作り、大学と連携し優秀なエンジニアの採用パスを構築し、最大40名程度のチームとなりました。

日本でエンジニア採用が苦戦している時期だったので、海外でエンジニアリソースをまかなうということに、舵(かじ)を切ることにしたわけです。

―――英語や言語はどうされましたか?

佐渡氏 英語は在学中に、ダイ・ハードやプリズン・ブレイクなど、海外の映画とドラマを繰り返しシャドーイングして覚えました。ただ、その手の映画はアクションが多すぎて語学学習として効率が悪いのと、覚えるワードがスラングばかりになってしまうので、途中からフルハウスのような人間ドラマに切り替えました。

―――海外でのエンジニア拠点立ち上げの経験は、今の仕事にどのように生きていますか?

佐渡氏 現在の職場のLayerXでは、グローバル規模で最安値かつ安定した電力を探しマイニング拠点を作るというビジネスからはじまったのですが、具体的な該当場所の絞り込みや、カナダのアルバータ州政府との交渉に生きました。また、全社の採用チームの立ち上げを行い、プロのCHRO(最高人事責任者)が入るまで、その採用チームのリードをしていました。東南アジアの時の海外交渉と採用の経験が役に立ちましたね。

―――フリーランスで活躍していた佐渡さんが、なぜ今の会社(LayerX)に移ることを決められたのでしょうか?

佐渡氏 1つ目はLayerXは「すべての経済活動をデジタル化する」という目標を掲げていて、登る山の高さが自分一人(フリーランス)では到達できないほど高いことが魅力的だった点。2つ目は代表の福島が、人としてものすごく信頼できる人間でして。過去に1回上場させているのですが、上場をゴールにするのではなく、この事業の成功、社会的な貢献に120%人生をかけているのが社員に伝わってきます。3つ目は、従業員、すべてのステークホルダーを幸せにする、ということを公言しています。今まで見てきた会社の代表の中でこの言葉を発したのは福島1人です。一緒に背中を預けられるっていう観点で信頼できる人、チームに巡り合えたのは大きかったですね。

―――そういった佐渡さんのキャリアなんですが、最初から考えて設計をされていたのでしょうか?

佐渡氏 実はかなり行き当たりばったりです。例えばプロダクトリリース2カ月後の初期のメルカリに参画する機会があり、当然そこに残るという選択肢もありましたが、離れた理由は、プロダクトの完成度が高かったためです。自分がいてもいなくてもこのプロダクトは伸び続けるな、と感じてしまいまして。自分は知的好奇心が強い人間なんだと。大きなことを成し遂げたいという夢はかなえられる環境ではあったのですが、それよりも自分が関わることで事業がよりドライブさせられる環境で挑戦したいという思いに初めて気づきました。

―――0→1を生み出すことへのこだわりを感じます。どうやって機会に巡り合えたのでしょうか?

佐渡氏 0→1に対する嗅覚を大切にしているからかもしれないですね。高い山に登りたいがゆえに、「どういう人たち」「どういうプロダクト」「環境」に、意識のアンテナ張っていればいいんだろう、ということを常に考えています。アンテナを張っておくと、巡り合えるチャンスが増えると思います。また、視座の高い人を見つけたときに、その人に対して徹底的にgiveをします。自分が持っている情報やネットワーク、人の紹介も含めて、見返りを求めずに提供します。まずは自分の存在を知ってもらうように、その人に興味を持ってもらえるように意識しています。

―――報酬やお金についてはどのように考えていますか?

佐渡氏 サラリーマンをやっていると給与所得に目が行きがちですが、給与所得にこだわる必要はないと考えています。例えば、資産運用もあれば、今まで培ってきたスキルを、他の会社に副業という形で提供する。さらに「そこで自分が得たスキルや経験を本業に戻すことによって、本業もさらに良くなる」というループを意識しています。

給料の高い安定した会社に行こう、という選択肢が魅力的できれいに見えることは多いと思うのですが、一方で給与所得にこだわらないことで、目の前の機会や自分の心の声に正直になれるというメリットがあります。自分の本当にやりたいことや情熱を持ってできることが、お金と一致していればいいんですけど、お金にこだわっちゃうと、そうじゃない場合に本当に自分がしたいことができなくなっちゃうのは、短い人生でもったいないです。

―――「キャリアとお金」について、佐渡さんの考えをお聞かせください。

佐渡氏 大企業に入社する=正義という方程式が変わってきていると感じています。大局として見れば、車を作って売る、広告の枠を抑えるなど、大企業のビジネスモデルは100年単位で見ると大きく変わってないんです。技術革新が起こり、様々なことが変化していく中で、変わらないビジネスモデルの中で働くこと自体が、世の中の変化に対応しづらいキャリアを形成してしまっている可能性があります。

結果的に特定の領域では、デジタルを使える人とデジタルを使えない人の市場価値が逆転してきています。この流れはデジタルのマーケットが広がる限り不可逆です。フラットに自分の市場価値って今どんな感じなんだろうと考えてみることが大事だと思いますね。お金そのものを追いかけるより情熱を持てることを仕事とし、大きな価値創造の結果として、お金が増えるようなキャリアだと楽しいんじゃないかなと思います。

いかがでしたでしょうか。佐渡さんは、エンジニアとしての経験や東南アジア子会社立ち上げの経験を通して、フリーランスとして働くスキルを確立しました。一方、一人では登れない「登る山の高さ」に共感し、信頼できる仲間と働いています。そういった臨機応変なキャリア形成の背景には、給与所得だけにこだわらないという「キャリアとお金」に対する考え方がありそうです。

滝健太郎
東京大学経済学部卒。生まれてこのかた日本は低成長で、バブル時代を知らない世代。A.T.カーニーのリーダーシップグループの一員として「日本の課題解決先進国化」に挑む。「創造と変革のリーダー輩出」のための社内の各種キャリア形成セミナーを主催。

[NIKKEI STYLE キャリア 2022年05月04日 掲載]

ピックアップ

注目企業

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。