あしたのマイキャリア

自分流の日課で呼び込む「成長」 愚直に基礎力を磨く

成長に至る道筋は人それぞれに異なる(写真はイメージ) =PIXTA
成長に至る道筋は人それぞれに異なる(写真はイメージ) =PIXTA

「自分を成長させてくれるかどうか」を、職場選びの優先条件に位置づける働き手が増えてきた。こうした変化を受けて、転職サイト「日経転職版」は特別セミナー「リクルートに会社を売った男、松本淳氏が伝授!仕事を通じた自己成長を実現する実践法」を開催した。SNS(交流サイト)を活用した「ソーシャルリクルーティング」を手がけるアースメディア最高経営責任者(CEO)の松本淳氏に、どのように自己成長しながらキャリアアップを実現していけばいいかについて聞いた。

――著書「リクルートに会社を売った男が教える仕事で伸びる50のルール」を通して一番伝えたかったことは何ですか。

少しでも皆さんに、特に若い人に何か伝えられればと思い、日ごろから自分の経験をSNSなどで発信していますが、「発信すること」はとても意味のあることだと感じていました。SNSでの発信とは違う形で、失敗も含めた私の経験を伝えられる機会をいただけたので、これは頑張ろうと思って書きました。

この本では、「成長」にフォーカスしています。人間は成長をやめてはダメだと思います。その瞬間に、ずるくなったり、上から目線になったり、本人も自分も不幸になるような「誰も得をしないこと」を始めます。謙虚でフラットで、これからもまだまだ学びたいと考えている人が輝いていますよね。そういう人間にならなければいけないと、自分自身でも強く思っているので、それがこの本で一番伝えたかった部分です。

――本の中で「結局は基礎力が必要」と書かれていますが、この点について詳しく聞かせてください。

今の時代、何事も「早く、早く」と、スピードが大事だと言われて、インスタントなテクニック論がまん延している気がしています。確かに、部分的にはそれによって仕事が早くなるかもしれませんが、失うことも多いと思います。結局、テクニックではなく総合力が大事だと思っています。

――「努力するなら正しい努力をすることが大事」とも書かれていますが、これを実現するための方法を教えてもらえますか。

「とりあえずやったからいい」「量をやったからいい」ということではなく、しっかりと「正しい方向を向いているかどうか」を考えることです。量はもちろん大事なので、量をやることは前提です。しかし、量をこなすには非常に時間がかかるわけですから、その時間を正しく使いたいですよね。何も考えずに量をやるのは昭和的な発想。正しい方向を考えることを必ずセットにすることです。

特に、大きな組織にいると「キャリアは会社がつくってくれる」と思いがちですが、会社から与えられたミッションや努力の方向が正しいとは限りません。会社があなたのキャリアに責任をもってくれるわけでもありません。常に自分自身で「これは本当にこの通りにやるべきなのか」とよく考えるべきです。違う道もあるかもしれません。自分が後悔しない選択をすることが大切です。

そして、正しい努力も継続しなければ意味がありません。「やるぞ!」と意気込むだけでは続かないので、自分が続けられるような「仕組みづくり」をすることも大切です。「仕事を1つ片付けたらご褒美」でもいいですし、「日々のルーティンに強制的に組み込む」でもいいですし、何でもいいと思いますが、ポイントは自分なりの工夫をすることだと思います。本のおすすめのハウツーをまねするのではなく、主流なやり方ではなくても自分なりの独自のメソッドを見いだして納得してやることが大事だと思います。

尊敬できる人が多い場に身を置く

――「正しい努力を……」と書かれている一方で、「ずるしないことが、結局は一番の得になる」とも主張されていますが。

これは、これまでの経験から強く実感していることです。最初の会社に入社した当時、いろいろな同期や先輩・後輩がいましたが、中にはずる賢い優秀系な人もいました。そして、そういう人は、非常にうまくやっていてキラキラ輝いていて、とにかく活躍していました。ところが今、そういう人はみんないなくなりました。

強引だったり要領がよかったり、そういう部分はみんな見ているので、長い目で見ると淘汰されてしまうのだと思います。ずる賢い人間は、初めのうちは伸びますがいつか消えてしまいます。その場をうまく切り抜けてちょっとした得を取り続けても、後々、誰からも助けてもらえずに、関わりあいたくない人間とされたら最悪ですよね。

「この瞬間は損をしているかもしれない」と思えるくらい愚直にやっている人が、最終的には周囲からのサポートも受けて、花開いていると思います。

――キャリアアップや転職を考えている人に、「環境選び」についてアドバイスがあれば教えてもらえますか。

環境選びには妥協しないことが大切です。人間は思っているよりも弱いので、自分ではしっかりしているつもりでも、周りの影響を大きく受けてしまいます。就職した会社によって、活躍できたりできなかったりすることもあります。

「どのような場に身を置くか」は非常に大事で、これは年齢に関係ありません。40代でも、50代でも、これからの自分の身をどのような場に置くのか、場を探す努力を惜しんではいけないと思います。人は環境に染まるので、自分が理想とする人が多い場や尊敬できる人と仕事ができる場に行く機会を自分から作っていくことです。

――自己成長のために必要なことは何ですか?

常に「成長しよう」という意識を持つことだと思います。自分はもう十分成長したし偉いしものを知っている、と思った瞬間に終わってしまうと思います。「あれをやりたい」「こうなりたい」と思い続けることです。それこそが、成長した「大人」だと思います。

キャリア的に上がり切ったことを、成長した「大人」だと思うのは間違いで、ときどき上から目線でマウンティングするような人がいますが、あれはある種の幼児返りですよね。大人の態度ではありません。それは成長とは真逆のことで、大人とは謙虚に人間と人間の関係性を大事にしながら共に成長する意欲をもっている人のことを言うのだと思っています。

[NIKKEI STYLE キャリア 2021年10月16日 掲載]

前の記事
次の記事

ピックアップ

注目企業

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。