三菱UFJモルガン、営業員がキャリア選択 年収1億円も

三菱UFJモルガン・スタンレ-証券は営業員に新たな人事制度を導入する
三菱UFJモルガン・スタンレ-証券は営業員に新たな人事制度を導入する

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は営業員が自らのキャリアを選べる制度を導入する。雇用形態や年収、転勤の有無など3つのタイプから選択できる。1年契約で営業成績が優秀な場合は年収が1億円に達する可能性もある。金融業界は外資系を中心に働き方の多様化が進んでおり、人材の獲得競争が激しい。柔軟な雇用形態にして、人材をつなぎとめる。

2022年4月から始める。新制度の対象は富裕層向けビジネスを担当する総合職で若手を除いた営業員約1000人とする。

雇用形態は3つになる。雇用契約を1年ごとに更新するタイプは年収が営業成績によって変動し、外資系と同程度の数千万円から1億円ほどを想定する。専門人材に近く、管理職への昇進や転勤はない。2番目は総合職で営業成績によって賞与が変動する。営業部門の管理職への昇進が可能で、転勤は本人の希望を考慮する。1番目と2番目は顧客の長期担当制にする。3番目は従来の総合職に該当し、営業部門以外への異動や管理職への昇進もある。年収や転勤頻度は従来と変わらない。

金融業界では働き方の多様化が進んでいるが、三菱UFJモルガンのように自らのキャリア形成プランに応じて働き方を選べる制度は珍しい。同社は富裕層ビジネスに力を入れており、個人向け営業員を富裕層対応にシフトしている。金融業界は人材の流動性が高く、高い報酬を求めて競合他社に移りやすい傾向にある。個人の希望に合わせた働き方を提案することで、優秀な営業員の獲得につなげる狙いだ。

[日経電子版 2021年12月04日 掲載]

ピックアップ

注目企業

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。