あしたのマイキャリア

20~30代で増える異業種転職 コツはエージェント活用

30代以下では異業種への転職が珍しくない(写真はイメージ) =PIXTA
30代以下では異業種への転職が珍しくない(写真はイメージ) =PIXTA

転職人材の求人が緩やかに回復しつつあるようだ。この機を捉えて、異業種への転職に動く人も増えてきた。そうした状況を踏まえて、転職サイト「日経転職版」は特別セミナー「20代・30代限定 キャリアアップをどう実現させていく?」を開催した。転職エージェントのアクシス(東京・渋谷)の末永雄大社長に、20代、30代がキャリアアップをどう実現していけばいいのかについて聞いた。

――若い世代を中心に異業種への転職が広がっているそうですが、20代、30代の転職マーケットの現状について教えてもらえますか。

1月以降、活発化している印象です。昨年の4~5月の緊急事態宣言のときには、20代向けの求人が一斉にストップするなど、一時的に若い世代の求人が厳しい状況になりましたが、そこから緩やかに回復してきて、今は新型コロナウイルス禍前のような大量募集の求人も増えてきています。

――異業種への転職も活発化しているのですか。

もともと20代の転職は異業種への転職が一番多かったのですが、活発化しています。コロナの影響で「自分のいる業界は大丈夫なのか」と考える人が増えたことや、テレワークなど、国も推奨しているような取り組みに柔軟に対応できない会社に対して、「もっと柔軟性のある働き方をしたい」というニーズが増えたことなどが背景にあると思います。

――転職の際、「転職エージェント」を利用する人が多いと思いますが、転職エージェントを利用するメリットは何ですか。

転職エージェントを使う一番のメリットは、「求人を紹介してくれる」ということはもちろんですが、本人に合う求人・企業選びをしっかりとサポートしてくれるところだと思います。内定をとることも大事ですが、最終的には入社後に定着・活躍できるようなキャリア形成ができなければ意味がありません。

転職エージェントの担当者は、たくさんの転職者の転職事例を見てきています。どんなステップを踏むことで次はどんなキャリアにつなげていけるかというパターンを把握しています。長期的なキャリアを踏まえた上で逆算した求人を提案してくれることもあります。それから、業界特化型のエージェントは特にそうですが、その業界における有益な情報や、業界内の人しか知り得ないような裏事情などを教えてもらえることもメリットといえるでしょう。

転職エージェントとの上手な付き合い方

――転職エージェントの選び方のポイントはありますか。

大分類のカテゴリとして、「大手総合エージェント」「業界・職種 特殊型エージェント」「中小・個人エージェント」「サーチ型・ヘッドハンター」の4つに分けられるということを、まず知っておくとよいと思います。そして、それぞれにメリット・デメリットがあります。

例えば、「大手総合エージェント」は全業界・職種の幅広い求人を扱っていて、求人数も圧倒的に多いことが強みです。一方で、「中小・個人エージェント」は求人の取り扱い数は大手総合タイプよりは少ないものの、求職者1人1人に対するケアが大手よりも手厚い傾向があります。「業界・職種 特殊型エージェント」ならば業界に特化しているからこその専門知識を使って、情報提供やマッチングをしてくれます。「サーチ型・ヘッドハンター」は、ハイレイヤーのスペシャリストを探していますから、それに見合う人材として声がかかればハイクラスの転職が期待できます。

――転職活動するにあたって、転職エージェントにはどの程度まで個人情報を開示するのがよいでしょうか。

情報開示はできる限りしたほうがいいと思います。そもそも、厚生労働省の許認可免許を受けなければ人材紹介事業はできません。個人情報についての明確な規定があり、罰則もありますし、研修も受けています。個人情報を機密情報として取り扱うことは、エージェントは当たり前の感覚として持っています。ですから、しっかり伝えて大丈夫です。

転職エージェントのアクシス(東京・渋谷)の末永雄大社長
転職エージェントのアクシス(東京・渋谷)の末永雄大社長

ただし、一部にリテラシーの低いエージェントが見受けられるのも事実なので、そこは気をつけなければいけません。心配がある場合は、「エージェントにはすべて開示しますが、求人企業には推薦や選考のタイミングでは伝えないでください」といった具合に、個人情報の取り扱いについて具体的に要望を出すなどしてください。

――転職エージェントの扱う「非公開求人」について詳しく教えてもらえますか。

ウェブ上に公開されて誰でも閲覧できるようになっているものが「公開求人」です。一方、一般には公開されていない、各転職エージェントが独自に取り扱っているものが「非公開求人」です。転職エージェント各社では取り扱っている求人全体の50~80%程度が非公開求人になっていることが多いようです。

非公開で求人募集をする背景にあるのは、「事業戦略とひも付いた求人を、競合他社に知られたくない」「採用人数が少ないので、たくさんの応募が来た場合に採用に工数もコストもかけられない」といった企業側の理由であることがほとんどです。

――今の職場では経験できない職種やポジション、積み上げられないキャリアを築くために異業種転職を考える場合、気をつけたほうがいいことはありますか。

異業種転職は年齢によって難易度が上がるということを頭に入れておいたほうがいいと思います。未経験のことにチャレンジするということは、その業種の経験があり、実績を持つ人と同じポジションに就きたいということです。中途採用でも未経験採用枠というものはあるので、チャレンジすることはできますが、その分、年収や待遇を一時的に下げなければならないことが現実的には多いです。そのトレードオフをわかった上で、未経験のこと・新しいことにチャレンジすることが自分にとって合理的なのかどうかを、しっかり考えて判断する必要があると思います。

[NIKKEI STYLE 出世ナビ 2021年08月21日 掲載]

前の記事

ピックアップ

注目企業

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。