あしたのマイキャリア

転職の求人、35歳で半減 複数の職場での掛け算は強み

「日経転職版」特別セミナーから

転職の求人は職場の柱となる35歳までに偏りやすい(写真はイメージ) =PIXTA
転職の求人は職場の柱となる35歳までに偏りやすい(写真はイメージ) =PIXTA

新型コロナウイルス感染拡大で一時的下がった転職のニーズが再び高まっている。転職サイト「日経転職版」は特別セミナー「ミドルの転職学 35歳からのキャリアプランを考える」を開催した。人材業界の最前線で活躍するルーセントドアーズ代表取締役の黒田真行氏に、ミドルの転職について話を聞いた。

――現在の「ミドルの転職」のマーケットはどうなっているのか、実情を教えてもらえますか。

最初の緊急事態宣言が発出された昨年の4、5月の2カ月間は、前年比で求人が半減するような状況でしたが、それを底に雇用環境は右肩上がりが続いています。中途採用全体のマーケットは、新型コロナウイルス感染拡大前の9割ほどになっています。ただ、かなり業種や職種による格差は大きく、旅行や飲食に関わる産業はまだまだ厳しい状態が続いています。

――転職希望者が過去最多になったという数字も出ていますが、コロナによる影響が要因でしょうか。

コロナのほかにも、たとえば、産業構造全体がデジタルトランスフォーメーション(DX)化しているということもあると思います。従来の重厚長大の産業からインターネットや人工知能(AI)などを使った新産業に主役が変わり、産業構造がゆっくりと大きく変わろうとしています。その中でここ数年、黒字企業でも早期退職を募るところが増えました。多くの人が「業界移動」をし始めている影響もあると思います。

――キャリア形成をする上で、20、30代の頑張り方と、40、50代の頑張り方は違うと思いますが、どんな視点を持って臨めばいいかについてのアドバイスはありますか。

キャリアを考えるときは、まず「何を戦略的な強みとしてやっていくか?」をぜひ考えてみてほしいです。私がよく受ける質問で「40代まで総合職でやってきたので、一貫性のあるキャリアとして説明できるものがない」というものがあります。ずっと総合職でこれといった専門性がないと思っている人は、逆に、複数のキャリアの掛け算で得られた自分なりの強みを語ればいいと思います。

たとえば、「人事ではこれを学び、営業ではこんなスキルを身につけて、経理でお金の流れをつかんだことで視野が広がり、経営全体を見る仕事ができます」など、ストーリーで自分の経歴を語れるようにすればいいと思います。そういうストーリーを組み立てることによって、さらに今後のストーリーをどう作っていけばいいかも、発想できるようになるのではないでしょうか。

ミドル転職の具体的な進め方

――実際に「ミドルの転職」を試したいという場合、どのような方法がありますか。

ミドル世代の転職の手段は、実は分散しています。一つは、転職サイトに登録してエージェントからスカウトメールをもらうという方法。さらに「縁故」というのも少なくありません。前職時代の上司から声がかかったとか、親戚の会社で後継者がいないので引き継ぐことになったとかというパターンです。

ほかにも、特に地方では「ハローワーク」を利用した転職も多いです。ここで注意したいのは、ハローワークの場合、年収が低い傾向がありますが、転職エージェントを利用すると、比較的年収が高い求人も多い点です。ハイキャリアの人の間での縁故でもやはり年収は高い傾向にあります。

縁故の場合、ネットワークが限られる事情から、選択肢が狭くなる傾向にあります。だから、縁故の増幅装置であるSNS(交流サイト)をうまく活用したり、転職サイトを利用してマーケットから広く情報を得たりするほうが妥当な場合もあります。

――年齢によって難易度は変わっていくのでしょうか。

求人票には年齢制限が書かれていなくても、実際に採用する側はイメージする年齢層を持っている場合がほとんどです。その結果、何が起こっているかというと、35歳を過ぎた瞬間に求人が半減、40歳を過ぎた瞬間にさらに半減。45歳、50歳でもやはり同じようなことが起こるくらいのインパクトは年齢によってあります。

企業の人事構成が年齢でピラミッド構造になっている以上、現場のプレーヤーである35歳以下に求人が集中するのはある意味で当然のことです。年齢によって転職ができないということはありませんが、需給のバランスが変わるので、満足する転職の実現可能性は、年齢が上がるごとに下がっていく構造にはなっていると思います。

転職に向く、向かない人の違い

――黒田さんは著書「転職に向いている人、転職してはいけない人」を出されていますが、「転職してはいけない人」とは具体的にどんな人でしょうか。

「転職してはいけない人」というのは少し大げさな表現で、「転職をおすすめしない状態」というほうが正確です。たとえば、自分が思い描いていたキャリアが社内で思うように築けずに、不満やストレスをため込んでしまって、あるとき、それが爆発してしまい、「転職する」というよりは「こんな会社、辞めてやる!」となるような、不満爆発型の転職です。

前の会社への不満を理由に転職してこられても、採用する企業側は採りづらくなりがちです。勢いで退職してしまってブランクができると、求職する側として立場が弱くなり、非常に劣勢な転職活動を強いられることになります。「何をやりたいのか?」「どんな充足感を得たいのか?」など、自分が本質的に望んでいることをしっかりと整理してから活動を始めたほうがいいと思います。

――逆に「転職に向いている人」はどんな人ですか。

「固定観念にしばられない思考ができる人」「自尊心が過去より未来にある人」などは、納得度の高い転職をしやすいと思います。固定観念や過去の成功体験にしばられることは、自分の可能性を狭めることだと思います。「私は前の会社でこんなことをやったんです」と、過去の自分にプライドの源泉を置く人は、採用する側からは「うちに入ってからは何をしてくれるの?」「どんなふうに会社に貢献してくれるの?」ということが見えづらいと思います。

企業側が重視しているのは経験を踏まえた上での将来です。そして、「他者に肯定的で自責思考の強い人」も、転職には向いています。「誰かのせいで」「会社のせいで」自分は不遇な目にあっていると考えるのではなく、何事においても自責思考が持てているか、面接の段階から採用する側も気にして見ているポイントだと思います。日ごろから、自分の思考をできるだけ他責にしない考え方をするということも非常に大事だと思います。

黒田真行

ルーセントドアーズ代表取締役。日本初の35歳以上専門の転職支援サービス「Career Release40」を運営。2019年、中高年のキャリア相談プラットフォーム「Can Will」開設。著書に『転職に向いている人 転職してはいけない人』、ほか。「Career Release40」 http://lucentdoors.co.jp/cr40/ 「Can Will」 https://canwill.jp/

[NIKKEI STYLE キャリア 2021年07月10日 掲載]

前の記事
次の記事

ピックアップ

注目企業

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。