目先の年収こだわらず ベンチャーへの転職、利点は

リクルート HRエージェントDivision コンサルタント 藤坂拓氏/小野瀬祐里氏

コロナ禍を機に今後のキャリアを見つめ直す人も多い(画像はイメージ=PIXTA)
コロナ禍を機に今後のキャリアを見つめ直す人も多い(画像はイメージ=PIXTA)

「スピード感がある環境でチャレンジしてみたい」「経営に近い立場で働きたい」「会社の看板を外し、自分の力で勝負してみたい」――。そんな思いを抱き、大手企業からベンチャー企業への転職を考える人は少なくありません。ところが、「年収ダウン」がネックとなり、転職を断念するケースが多々見られます。今回はリクルートで主にベンチャーへの転職支援を手がけるHRエージェントDivision コンサルタントの藤坂拓氏と小野瀬祐里氏が具体事例を取り上げながら、転職の意義などを紹介します。

今回の転職事例は大手に勤務する40代男性のAさんとBさんです。2人とも家庭を持ち、子どもはまだ幼く、年収を下げるのは厳しい状況。それでもベンチャーへの転職を決意しました。彼らはどのような目的でベンチャーを選び、年収はどう変化し、今後のキャリアをどのように描いたのでしょうか。

経営の知見を磨きたい

<Aさん(40代前半/男性)のケース>
前職     :大手消費財メーカー/マーケティング
現職(転職先):約30人規模のスタートアップ企業/マーケティングマネジャー
年収変化   :970万円→940万円
世帯     :夫婦と子供2人

「新型コロナウイルス禍を機に今後のキャリアを見つめ直した」というAさん。「経営に近い仕事をしたい」「(無から有を生み出す)0→1の経験を積みたい」と転職活動を開始しました。そこで出会ったのが、設立数年のスタートアップ企業。BtoCのデジタルマーケティング経験を持つマネジャークラスを求めていました。

Aさんの目的に合致するポジションでしたが、年収提示は前職より50万円ダウンとなる金額でした。大手メーカーにとどまれば、この先さらに年収200万円アップが見込めます。2人の子どもを育てる身だけに悩んだAさんですが、最終的には転職を決意しました。転職するメリットと今後のビジョンを次のように描いたのです。

  • 消費財のマーケティング経験しかなかったが、ハードウエア製品分野へ幅を広げられる
  • まだ消費者への浸透の余地がある商材を扱うため、マーケット開拓の面白さがある。「0→1」のプロセスを経験できる
  • 大きな裁量権を持ち、企画から実行まで自分の手で行える。それによって新たなキャリアが身に付き、次に転職する場合の選択肢が広がる
  • デジタルマーケティングのプロがまだ社内にいないため、成果を挙げて貢献しやすい。昇格すれば、1~2年で前職の年収水準に戻る可能性がある

Aさんはこのまま大手企業で部門マネジメントと人材育成を担っていくよりも、経営の力を養う道を選んだのでした。

<Bさん(40代前半/男性)のケース>
前職     :大手ネット企業/営業
現職(転職先):約30人規模のテックベンチャー/カスタマーサクセスマネジャー
年収変化   :約620万円→約620万円
世帯     :夫婦と子供2人

Bさんの転職の目的は「年収アップ」でした。大手ネット企業で営業として実績をあげてきましたが、部門異動により80万円の年収ダウンとなったのです。2人の子どもを育てていくにあたり、年収を上げたいと考えたのでした。

Bさんが転職先として選んだのは、特定業界を対象とするSaaS(サース。クラウドサービスの一形態)企業です。ポジションはカスタマーサクセスマネジャー。年収提示は前職と同額でした。年収アップを目指していたBさんですが、前職の年収維持で納得したのは入社後の昇給を明確にイメージできたからです。

 (注)リクルート調べ
(注)リクルート調べ

転職先はBさんのスキルを高く評価していたものの、業界・職種ともに未経験のため、まずは抑えめの金額を提示しました。しかし、入社後のパフォ―マンス・成果によってどれくらい年収が上がるのか、定量・定性の目標を明確に示したのです。その説明に納得したBさんは入社を決めました。当初の年収希望はかなわなかったものの、それ以上に次の点に魅力を感じたそうです。

  • 業界の古い慣習を改革し、多くの人に貢献しようとする理念が「本当にお客様のためになるものを売りたい」という自身の思いにマッチした
  • 経営者や事業部長と対話し、将来ビジョンと「本気度」に共感した
  • お客様の声を聞きながらプロダクトを磨き込んでいけるやりがいがある
  • 社員同士の仲が良く、「何をするか」だけでなく「誰とやるか」という点でも魅力を感じられた

SaaSはプレーヤーが増えている成長領域。Bさんが今後、再度転職するにしても、「SaaS企業でのカスタマーサクセスマネジャー」のキャリアは有利に働くでしょう。

一時的に年収ダウンでも今後アップの可能性あり

大手からベンチャーに移る場合、入社時の年収が前職よりダウンするケースが多いのは事実です。しかし、成果をあげて企業の成長に貢献すれば、数年で元の年収水準に戻せる、あるいはそれを超えていける可能性は十分にあります。企業によってはストックオプションを期待できる場合もあるでしょう。

また、ベンチャーでは1人が幅広い業務を兼務するケースが多いため、経験・スキルの幅を広げやすいと言えます。経営者の近くで働くことで、経営の知識・センスを身に付けることも可能。ベンチャーの環境だからこそ磨けるスキルを生かせば、次の転職先の選択肢を広げることができます。

大手の「役職定年」「定年」に縛られず、長く働き続けやすいため、大手にとどまるよりも「生涯年収」を増やせるかもしれません。なお、ベンチャーに転職して年収が下がってしまった場合、副業でカバーする方法もあります。ベンチャーには副業者も多く、横のつながりがあるため、副業先も探しやすいと言えるでしょう。本業と並行して「パラレルキャリア」を築き、年収アップにつなげるのもいいでしょう。

ベンチャーのチャレンジ精神が刺激に

「年収を理由に、ベンチャーを選択肢から外すのはもったいない」。私たちはそう考えています。なぜなら、ベンチャーとの出合いによって、目が輝き始める人を数多く見てきたからです。「次も大手がいい」と希望していた方が、試しにベンチャーの面接を受けたところ、経営者やメンバーに魅了され、「彼らと一緒にビジョンを実現したい」と入社を決めるケースも少なくありません。

ベンチャーには志や理想を持ってチャレンジしている人、本当にやりたいことを追求している人が大勢集まっています。その生き生きとした姿に触れることは大きな刺激になります。結果的に転職せず、これまでの企業で働き続ける道を選んだとしても、チャレンジする人たちとの出会いの経験がプラスの刺激となり、ポジティブな気持ちで仕事に向き合えるのではないでしょうか。

藤坂拓
リクルート HRエージェントDivision コンサルタント。新卒で大手住宅メーカーに入社。個人向けに注文住宅の営業に従事した後、2013年リクルートキャリア入社。以降5年間はIT(情報技術)業界専門のリクルーティングアドバイザーとして、ベンチャーから大手まで幅広く担当。18年からIT領域のコンサルタント、20年からはベンチャー専門のコンサルタントとして経営幹部やマネジメントクラスの採用を担当。


小野瀬祐里
リクルート HRエージェントDivision コンサルタント。新卒で大手生命保険会社に入社。法人向け営業に従事した後、リクルートキャリアに入社。約7年間リクルーティングアドバイザーとして、自動車、半導体、エネルギー、プラント、化学など製造業を中心にベンチャー、中小・零細企業、大手まで200社以上の中途採用支援に従事。現在はスタートアップ専門のコンサルタントとして、マネジャークラスや経営幹部クラスの採用を担当。

[NIKKEI STYLE キャリア 2021年04月21日 掲載]

ピックアップ

注目企業

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。