あしたのマイキャリア

40歳の自分が想像できず葛藤 区役所からサイボウズへ

未経験からDX人材へ

区役所からサイボウズに転職した蒲原さん
区役所からサイボウズに転職した蒲原さん

「DX人材」はITエンジニアやプログラマーなど技術職だけではない。顧客のデジタル化推進を支援する営業職などもDX人材とされる。未経験からDX人材として転職した人に話を聞く連載の3回目は、区役所からサイボウズの営業職に転身した蒲原大輔さん(32)だ。

紙の多さに圧倒される日々

――新卒時、地方公務員のキャリアを選んだ理由は何ですか。

「ちょうど『国から地方へ』の動きが活発になっていた頃で、区役所職員の仕事に大きな可能性を感じました。ただ、実際に働いてみると、パソコンで作った文書を印刷し、印鑑をもらい郵送する、といったアナログな作業の連続で、紙の多さに圧倒される日々でした。最初の配属先の人事課では表計算ソフトなどを使って地道に業務改善に取り組みましたが、自分が異動した後に誰もメンテナンスできないという状況に直面しました」

「区役所全体を見渡すと数年ごとに人事異動があるうえ、異動先の希望が通らないことも多く、全体のモチベーションが下がっている印象を受けました。自分自身、どこに向かっているのか分からない、40歳の頃に何をしているか想像できない、という葛藤があったのを覚えています」

「一方、人事課の後に担当した産業振興の仕事では、同世代のITベンチャーの起業家たちが自分の実力で道を切り開いていく姿を目の当たりにしました。大きな刺激を受け、自分の市場価値を試してみたくなりました。もともとは転職を視野に入れていたわけではなく、どちらかというと、勤務時間以外で様々なことにトライできればいいと思っていました。中小企業診断士の試験を受けたり、社会人向け大学院に行ったりと自分なりのチャレンジを続けていましたが、やはり1日8時間を本業にあてるとそれ以外の時間にできることには限りがあります。一気に人生をガラッと変えるには本業を変える必要がある、という思いに至り、転職を決めました」

「公務員は使えない」と思われたくないと気負う

――転職先に選んだのはIT企業のサイボウズでした。

「転職していざ何をしようか、と考えていたころ、サイボウズが複数の行政機関と組み、ITで自治体の業務改革を進めていることを知りました。『サイボウズが始めた行政改革のうねりを他の自治体に広めていきたい、その一端を担いたい』と思ったのが第一の志望理由です。第二に、チームワークを重んじる企業文化にひかれた、ということがあります。サイボウズの青野慶久社長の著書で『チームワークあふれる社会を創る』という企業理念に徹底的にこだわっていることを知り、非常に共感しました。自治体の仕事は基本的に縦割りで、一人一人が担当の仕事を抱え込みがちですが、これをチームワークで進める形に変えていければいいなと考えていました」

公務員からIT企業に転職したが、意外と戸惑いはなかったという蒲原さん
公務員からIT企業に転職したが、意外と戸惑いはなかったという蒲原さん

「自治体からIT企業へ、と全くの異業種に転職することになりましたが、不思議と戸惑いはありませんでした。20代のうちは、多くの失敗体験を積み重ねることで30代以降が面白くなりそうだ、という直感があったので、むしろチャレンジしないことにリスクを感じていたのかもしれません。戸惑いはなかったのですが、当時は転職する同僚があまり多くなかったので、もし自分が通用しなかったら『公務員は使えない』というらく印を押されるのでは、という変な気負いはありました」

――サイボウズに入ってからの業務内容は。

「(プログラミング知識不要の)『ノーコード』の業務アプリ作成ソフト『kintone(キントーン)』の営業を担当しています。自治体の業務改善に貢献したいという思いが強く、自治体向けの営業職を希望していましたが、ITも営業も未経験だったので『まずは案件数の多い部署で力をつけたほうがいい』と民間企業向けの営業チームに配属されました。営業ノウハウについては先輩の商談に同席しながらOJT(職場内訓練)で学び、製品の詳細やクラウドサービスなどIT全般については主に独学で知識を習得し、1年ほどで念願だった公共市場(自治体・省庁)向け営業の仕事に移りました」

自治体の現場で業務課題を発見

「当時、自治体ではまだ『キントーン』の認知度が低く、どの程度の需要があるかもよく分かっていませんでした。そんななか、鎌倉市役所に約3ヶ月間『働き方改革フェロー』として派遣される機会があり、週1~2回常駐で働きました。自治体特有のネットワークではキントーンのようなクラウドサービスが使いづらいことが分かるなど、役所の何が課題で何をどう変えていくべきか、に対する理解が大幅に深まり、その後の自治体向け新規事業の着想にもつながりました」

「神戸市をはじめとするいくつかの自治体と一緒に先進的なモデルを作り、それを全国の自治体に広げるとともに、自治体職員同士をつなぐコミュニティーを作ってきました。各自治体の職員が作成したアプリを共有したり、ノウハウを公開したり、仲間を作りながらみんなで自治体の変革を進めています。副業でも、公務員が主にリモートで他の自治体の問題解決を支援する『公務員カタリスト事業』を立ち上げるべく動いています。昨今、若手を中心に自治体職員の離職が相次いでいますが、部署異動が多く自分のキャリアを主体的にデザインしづらい現状を少しでも改善できればという願いからです。ITだけでなく、人事や風土の面でもお役所をより良くしたいと思ったのがきっかけですが、結局、自分は自治体が好きだなと感じています」

――異業種からDX人材としての転職を志している人へのメッセージをお願いします。

「自治体からIT業界に転職して5年となりますが、振り返ると、一番重要なのは転職時のスキルではなく『目標に向かってまず行動し、それを続けるマインド』ではないかと感じます。転職するときは、その時点で自分にできること、できないことを軸にして物事を考えがちですが、私自身は『迷ったら難しい選択を取る』という原則でチャレンジしてきた結果、点と点が少しずつ結びついていく感覚にたどりつけました。自治体とサイボウズでは組織の文化や価値観が大きく異なりますが、お互いがお互いにない特徴をいかしあえるよう、両方の組織を知る自分が架け橋のような存在になれるのではと感じています。こういう感覚も異業種から飛び込んだゆえに得られるものではないでしょうか」

■人事担当役員から一言 中根弓佳 サイボウズ執行役員人事本部長

「蒲原さんを採用したのは『チームワークあふれる社会を創る』という当社の企業理念への共感度が高かったほか、自治体出身で、既存社員にはないノウハウや視点を持ち込んでくれそうという期待が大きかったからです。公明正大さや実行力も高く評価していました。当社は業種業態に関わらず『チームワークを支援する仕組み』を提供したいと考えており、異業種出身でも同じ目標を目指しそのために尽力してくれる人は積極的に採用していく方針です。多様な経験を持った人にぜひチャレンジして頂きたいと思っています」

(日経転職版・編集部)

蒲原 大輔

サイボウズ 営業本部 営業戦略部 公共グループ 神奈川県出身。2011年に新卒で品川区役所に入庁し、人事課、商業・ものづくり課の業務に従事。2016年にサイボウズに転職、主にノーコードツール「kintone」を使った自治体の業務改革支援を担う。「自治体の仕事をより面白いものにする」という信念のもと、プライベートでも役所や公務員を盛り上げる活動に取り組む。

[NIKKEI STYLE 出世ナビ 2021年05月22日 掲載]

前の記事
次の記事
転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。