あしたのマイキャリア

転職面接に通るコツ リモートではアクションを大きく

リモート面接に効く話し方 グローコム社長 岡本純子氏

リモートの面接では派手めのアクションが効果的という(写真はイメージ) =PIXTA
リモートの面接では派手めのアクションが効果的という(写真はイメージ) =PIXTA

コロナ禍以降、転職面接がオンラインに切り替わり、最終面接までリモートというケースも増えてきた。転職のカギを握るリモート面接でパフォーマンスを上げるコツについて、2回にわたり、コミュニケーションの専門家が解説する。初回は企業幹部にスピーチを指導している、「世界最高の話し方」(東洋経済新報社)の著者、岡本純子さんに話を聞いた。

◇  ◇  ◇

――リアル(対面)、リモートに関わらず、そもそも転職面接での話し方で重要な点は何ですか。

「相手が欲しいもの(スペック)と満たしたいもの(ニーズ)を見極めることが大切です。スペックはこれまでの経験や資格など求人票に記載している項目でいわば最低ラインですが、それ以上の何を求めているか、ニーズについて想像力を膨らませることが必要です。ニーズは例えば『IT部門を強化したい』や『○○事業に参入したい』といったことです。ニーズをふまえた上で、この人が来たら会社はこのように変わっていける、○○部門がこのように成長できるなど、自分が入社した場合のメリットを、聞き手の頭にイメージしてもらえるようにしたいところです」

「自分のメリットではなく、相手(採用側)のメリットを可視化するという点がポイントです。採用側に自分が入社した際のイメージを持ってもらうには、4S(Strength:強み、Success:成功体験、Situation:何かを乗り越えた経験、Story:自分を主人公にした経験談)を効果的に活用するとよいでしょう。Storyでは『△△を改革したことによって、売り上げを3倍に伸ばした』など、具体的なbefore/after(ビフォーアフター)事例があることが大事です」

「面接はファクトやロジックを伝えて終わりではなく、感情レベルでの結びつきができるかが重要となります。『面白い人だな』と感情を刺激して心を揺さぶることができれば、一気に距離感が縮まるでしょう。(面接を受けている)会社についてポジティブに語った上で、いかに自分がその会社に関心があるかを表現していくと、採用側も悪い気持ちにはならないはず。面接の際、能力をアピールすることに終始する人が多いですが、感情レベルでつながること、つまり『この人と一緒に働きたい』と思わせることも同様に重要です」

――リモート面接でよく犯しがちなミスは?

「悪い例は、主に(1)肩書き・職務型(2)羅列型(3)ポエム型の三つに分けられます。(1)は会社の名前、部署名、肩書きをとうとうと語る人のことです。日本では肩書きがアイデンティティーになってしまっている人が多いですが、残念ながら肩書きは社外の人にはほとんど意味を持ちません」

「(2)は『~して、~して』など、ダラダラと思いつくままに言葉を続ける人。(3)は『地球温暖化に貢献したい』『人を笑顔にしたい』など、抽象的な目標や夢を語る人。こういった目標自体は悪くないですが、目標が大きすぎるためか、具体的なイメージがわかず、採用担当者には響かないでしょう」

「このほかの失敗としては、コミュニケーションはそもそも、伝える→伝わる→つながるの3つのステップであるはずなのに、自分の強みをとうとうと話すなど、言いたいことを一方的に話して終わっている人、つまり『伝える』で終わってしまっている人が非常に多いと感じています」

自分を端的に示す「見出し」を用意

――リモートの面接がリアルと大きく違うことは何ですか?

「最大の違いは、伝わる情報量がリモートでは圧倒的に少ないということです。リアルに比べおおよそ25%は少ないと思います。ネット環境によってはタイムラグが出たり聞こえなかったりすることもあります。表情の変化や『ちょっと横を向いた』など、相手が発する様々な信号が捉えづらく、相手がどういう風に考えているのか、自分の発言に対しどのような感情を持ったかなどが分かりづらい状況になります」

「飛び交う情報量が少ないせいで、心の距離が縮まりにくいのに加え、リアルではあまり気にならないような癖が採用側にとっての懸念材料になることもあります。たとえば『あ~』『え~』などと言いよどむ人は少なくありません。顔と声が目立つリモート面接では気になりがち。プロフェッショナルな感じがしないので、言いよどみには要注意です。また、リモートだからと手元に想定問答の原稿や資料を置く人がいますが、何かを読みながら話すと、どうしても棒読みや書き言葉になりがちで、相手にはすぐ分かってしまいます。即興での対応力や回転の速さに疑問符がつきかねません」

――リアルとの違いをふまえた上で、リモート面接で成功するコツは何ですか。

「伝わる情報量が少ないと、淡々としたやりとりになりやすく、脳が眠くなったり退屈したりしてしまうので、顔や声、手など、リモートで駆使できる手段をフル活用し、変化をつけることが最も大切です。まず、相づちやうなずきは少し大げさなぐらいでもよいでしょう」

岡本純子氏は企業経営者や政治家にプレゼンテーションやスピーチを手ほどきしている
岡本純子氏は企業経営者や政治家にプレゼンテーションやスピーチを手ほどきしている

「声は普段の1.5倍ぐらいのエネルギーを込めて発してください。『エネルギー』というのは音量ではなく、単に大声を出せばよいわけではありません。スピードや音量、抑揚、間のあけ方などに気を付けながら、従来の1.5倍のテンションで話すということです」

「手の動き、ジェスチャーも大切です。手のひらを見せるということはもともと武器を持っていないという意味で、悪意がないことを示すしぐさでもあります。伝えたいメッセージを補完する意味で積極的に使いましょう。キーワードをフリップに書くのも有効です。利用できるものをすべて使って変化をつけることを心がけてほしいと思います」

「自分の強みや経歴を聞かれることも多いと思います。情報が伝わりにくいリモート面接では、自分は何者かを分かってもらえるよう、『自分見出し』を用意することをおすすめします。例えば、私の場合は『1000人以上の社長をコーチングしてきた伝説の家庭教師』『社長のプロデューサー』といった形です。3秒バージョンのほか、30秒版、1分版など、持ち時間に合わせて、いくつかのバリエーションを準備しています。『セキュリティーの専門家』『SNS(交流サイト)のエキスパート』など新聞見出しのようにずばりと表現すると、長々と経歴を説明するよりはるかに伝わりやすいと思います」

(日経転職版・編集部 宮下奈緒子)

岡本純子
コミュニケーション戦略研究家、エグゼクティブ・スピーチコーチ。グローコム社長。読売新聞経済部記者、電通PRコンサルタントを経て、現職。トップエリートの家庭教師として、プレゼンテーションやスピーチのプライベートコーチングに携わる。

[NIKKEI STYLE 出世ナビ 2021年04月03日 掲載]

前の記事
次の記事
転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。