求人検索結果一覧

該当求人件数: 11件

職種

選択する

スキル

スキルを探す

勤務地

選択する

年収

以上
もっと詳しい条件
検索条件を変更する
1~11 件目を表示(全11件)
  • 1
NEW 直接応募求人

ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)派遣制度【分野/財務・会計・監査】

外務省国際機関人事センター(JPO派遣制度)

★応募締切日:2021年2月25日★ 原則として2年間、国際機関の職員として勤務しながら、国際機関の正規職員を目指す制度です。

800万円~1500万円 / リーダー | メンバー

外務省国際機関人事センター(JPO派遣制度)
  • 勤務地

    その他海外 / 日本 / インドネシア / タイ / インド / フィリピン / マレーシア / ミャンマー …

  • 仕事内容

    ◎主な業務 国際機関の財務・会計・監査分野の業務は、通常、様々な機関に亘って募集されます。 国連事務局(UN)、国連児童基金(UNICEF)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連開発計画(UNDP)、国連教育科学文化機関(UNESCO)、国連人口基金(UNFPA)、国連女性機関(UNWomen)、国連食糧農業機関(FAO)、国際原子力機関(IAEA)、国際労働機関(ILO)、国際通貨基金(IMF)、国際移住機関(IOM)、国連人道問題調整事務所(OCHA)、経済協力開発機構(OECD)、国連工業開発機関(UNIDO)、国連プロジェクト・サービス機関(UNOPS)、国連世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)など、様々な機関においてそれぞれ財務・会計・監査専門官の採用があります。(JPO試験を経ずに直接国際機関に就職活動することもできます。国際機関の求人情報はこちら→ https://www.mofa-irc.go.jp/link/link.html ) 具体的な業務としては、これら機関における財務状況の分析・報告書作成、予算策定、プロジェクトの資源管理、財務諸表作成、財務プロセス改善、リスク評価や内部統制整備、監査業務などポストごとに多岐に亘ります。金融機関、会計事務所、監査法人、事業会社の経理・財務部など、これまでの財務・会計・監査関連での経歴が即戦力として生かせるポストとなります。 ■2021年度試験(応募書類受付:2月1日~2月25日)における機関ごとの主なJPOのポストリストをHPに掲載しました。ポスト情報の中には、求められている業務内容や必要な業務経験も記載されておりますので、JPO試験の申込にあたってはぜひご一読ください。 ※詳細はこちら ⇒ https://www.mofa-irc.go.jp/jpo/shokumu2021.html <主なJPOポストの募集機関(2021年度版)〉 ●外務省選考枠(二次試験を外務省において行う機関) 国連事務局、UNODC(国連薬物犯罪事務所)、UNFPA(国連人口基金)、UNICEF(国連児童基金)、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、ITC(国際貿易センター)、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)、UN Women(国連女性機関)、UNAIDS(国連合同エイズ計画)、CTBTO(包括的核実験禁止条約機関)、IOM(国際移住機関)、ILO(国際労働機関)、FAO(国連食糧農業機関)、UNESCO(国連教育科学文化機関)、WHO(世界保健機構)、ITU(国際電気通信連合)、WMO(世界気象機関)、WIPO(世界知的所有権機関)、IFAD(国際農業開発基金)、UNIDO(国連工業開発機関)、UNFCCC(国連気候変動枠組条約事務局)、ICC(国際刑事裁判所)、UNEP(国連環境計画)、IUCN(国際自然保護連合)、ラムサール条約事務局、UN-Habitat(国連人間居住計画)、Gavi(Gaviワクチンアライアンス) ●国際機関選考枠(二次試験を各国際機関において行う機関) UNDP(国連開発計画)、WFP(国連世界食糧計画)、OPCW(科学兵器禁止機関)、OECD(経済協力開発機構)、ICAO(国際民間航空機関) ★2021年度 JPO試験説明会 2021年2月7日(日)9:30~10:45(日本時間) 2021年2月20日(土)22:00~23:15(日本時間) ※お申し込み・詳細はこちら ⇒ https://www.mofa-irc.go.jp/jpo/2021/dl-data/jpo-setsumeikai.pdf

  • 応募資格

    (1)2021年2月1日現在、35歳以下であること(生年月日が1985年2月2日以降であること)。 (2)以下の両方を満たすこと。 ■ア.志望する国際機関の業務に関連する分野において修士号を取得したか、または修士号を2021年7月末(※)までに取得見込みであること。 ■イ.志望する国際機関の業務に関連する分野において2021年7月末(※)までに2年以上の職務経験を有すること(アルバイト、インターン等は職歴とみなさない)。 (※)国連開発計画(UNDP)を志望される方は、「2021年4月末日まで」となります。 (3)英語で職務遂行が可能であること(受験に当たっては、TOEFLまたはIELTSのスコアの提出が必要になります)。 (4)将来にわたり国際機関で働く意思を有すること。 (5)日本国籍を有すること。

気になる 詳細を見る
NEW 直接応募求人

ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)派遣制度【分野/人事】

外務省国際機関人事センター(JPO派遣制度)

★応募締切日:2021年2月25日★ 原則として2年間、国際機関の職員として勤務しながら、国際機関の正規職員を目指す制度です。

800万円~1500万円 / リーダー | メンバー

外務省国際機関人事センター(JPO派遣制度)
  • 勤務地

    その他海外 / 日本 / インドネシア / タイ / インド / フィリピン / マレーシア / ミャンマー …

  • 仕事内容

    ◎主な業務 国際機関の人事分野の業務は、様々な機関において募集されます。 国連事務局(UN)、国連児童基金(UNICEF)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連開発計画(UNDP)、国連教育科学文化機関(UNESCO)、国連人口基金(UNFPA)、国連女性機関(UNWomen)、国連食糧農業機関(FAO)、国際原子力機関(IAEA)、国際労働機関(ILO)、国際通貨基金(IMF)、国際移住機関(IOM)、国連人道問題調整事務所(OCHA)、経済協力開発機構(OECD)、国連工業開発機関(UNIDO)、国連プロジェクト・サービス機関(UNOPS)、国連世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)など、様々な機関においてそれぞれ人事専門官の採用があります。(JPO試験を経ずに直接国際機関に就職活動することもできます。国際機関の求人情報はこちら→ https://www.mofa-irc.go.jp/link/link.html ) 具体的な業務としては、これら機関への採用、配属、研修、人事規定の策定・アドバイス、人事データの分析、人事関連のITシステムの導入、人事データを用いた各種報告書類の作成、幹部候補試験の実施、大学等へのアウトリーチ活動、職員エンゲージメントの向上、インターンの活用などを担当し、これまでの人事部門での経歴が即戦力として生かせるポストとなります。 ■2021年度試験(応募書類受付:2月1日~2月25日)における機関ごとの主なJPOのポストリストをHPに掲載しました。ポスト情報の中には、求められている業務内容や必要な業務経験も記載されておりますので、JPO試験の申込にあたってはぜひご一読ください。 ※詳細はこちら ⇒ https://www.mofa-irc.go.jp/jpo/shokumu2021.html <主なJPOポストの募集機関(2021年度版)〉 ●外務省選考枠(二次試験を外務省において行う機関) 国連事務局、UNODC(国連薬物犯罪事務所)、UNFPA(国連人口基金)、UNICEF(国連児童基金)、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、ITC(国際貿易センター)、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)、UN Women(国連女性機関)、UNAIDS(国連合同エイズ計画)、CTBTO(包括的核実験禁止条約機関)、IOM(国際移住機関)、ILO(国際労働機関)、FAO(国連食糧農業機関)、UNESCO(国連教育科学文化機関)、WHO(世界保健機構)、ITU(国際電気通信連合)、WMO(世界気象機関)、WIPO(世界知的所有権機関)、IFAD(国際農業開発基金)、UNIDO(国連工業開発機関)、UNFCCC(国連気候変動枠組条約事務局)、ICC(国際刑事裁判所)、UNEP(国連環境計画)、IUCN(国際自然保護連合)、ラムサール条約事務局、UN-Habitat(国連人間居住計画)、Gavi(Gaviワクチンアライアンス) ●国際機関選考枠(二次試験を各国際機関において行う機関) UNDP(国連開発計画)、WFP(国連世界食糧計画)、OPCW(科学兵器禁止機関)、OECD(経済協力開発機構)、ICAO(国際民間航空機関) ★2021年度 JPO試験説明会 2021年2月7日(日)9:30~10:45(日本時間) 2021年2月20日(土)22:00~23:15(日本時間) ※お申し込み・詳細はこちら ⇒ https://www.mofa-irc.go.jp/jpo/2021/dl-data/jpo-setsumeikai.pdf

  • 応募資格

    (1)2021年2月1日現在、35歳以下であること(生年月日が1985年2月2日以降であること)。 (2)以下の両方を満たすこと。 ■ア.志望する国際機関の業務に関連する分野において修士号を取得したか、または修士号を2021年7月末(※)までに取得見込みであること。 ■イ.志望する国際機関の業務に関連する分野において2021年7月末(※)までに2年以上の職務経験を有すること(アルバイト、インターン等は職歴とみなさない)。 (※)国連開発計画(UNDP)を志望される方は、「2021年4月末日まで」となります。 (3)英語で職務遂行が可能であること(受験に当たっては、TOEFLまたはIELTSのスコアの提出が必要になります)。 (4)将来にわたり国際機関で働く意思を有すること。 (5)日本国籍を有すること。

気になる 詳細を見る
NEW 直接応募求人

ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)派遣制度【分野/広報】

外務省国際機関人事センター(JPO派遣制度)

★応募締切日:2021年2月25日★ 原則として2年間、国際機関の職員として勤務しながら、国際機関の正規職員を目指す制度です。

800万円~1500万円 / リーダー | メンバー

外務省国際機関人事センター(JPO派遣制度)
  • 勤務地

    その他海外 / 日本 / インドネシア / タイ / インド / フィリピン / マレーシア / ミャンマー …

  • 仕事内容

    ◎主な業務 国際機関の広報分野の業務は、通常、様々な機関に亘って募集されます。 例えば、国連事務局(UN)、国連児童基金(UNICEF)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連開発計画(UNDP)、国連教育科学文化機関(UNESCO)、国連人口基金(UNFPA)、国連女性機関(UNWomen)、国連食糧農業機関(FAO)、国際原子力機関(IAEA)、国際労働機関(ILO)、国際通貨基金(IMF)、国際移住機関(IOM)、国連人道問題調整事務所(OCHA)、経済協力開発機構(OECD)、国連工業開発機関(UNIDO)、国連プロジェクト・サービス機関(UNOPS)、国連世界食糧計画(WFP)、世界保健機関(WHO)、世界銀行グループ(WB、IBRD、IDA、IFC、MIGA)、地域開発銀行(ADB、IDB、AfDB、EBRD)など、様々な機関においてそれぞれ広報専門官の採用があります。(その他の国際機関の求人情報についてはこちら→ https://www.mofa-irc.go.jp/link/link.html ) 具体的な業務としては、これら機関における本部や地域事務所等で、テレビ・ラジオ・プリントメディア等のカバレッジ向上のための活動、カバレッジの分析、ソーシャルメディアの使用、機関の活動についての情報発信のアップデート等を担当し、これまでの広報分野での経歴が即戦力として生かせるポストとなります。 ■2021年度試験(応募書類受付:2月1日~2月25日)における機関ごとの主なJPOのポストリストをHPに掲載しました。ポスト情報の中には、求められている業務内容や必要な業務経験も記載されておりますので、JPO試験の申込にあたってはぜひご一読ください。 ※詳細はこちら ⇒ https://www.mofa-irc.go.jp/jpo/shokumu2021.html <主なJPOポストの募集機関(2021年度版)〉 ●外務省選考枠(二次試験を外務省において行う機関) 国連事務局、UNODC(国連薬物犯罪事務所)、UNFPA(国連人口基金)、UNICEF(国連児童基金)、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、ITC(国際貿易センター)、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)、UN Women(国連女性機関)、UNAIDS(国連合同エイズ計画)、CTBTO(包括的核実験禁止条約機関)、IOM(国際移住機関)、ILO(国際労働機関)、FAO(国連食糧農業機関)、UNESCO(国連教育科学文化機関)、WHO(世界保健機構)、ITU(国際電気通信連合)、WMO(世界気象機関)、WIPO(世界知的所有権機関)、IFAD(国際農業開発基金)、UNIDO(国連工業開発機関)、UNFCCC(国連気候変動枠組条約事務局)、ICC(国際刑事裁判所)、UNEP(国連環境計画)、IUCN(国際自然保護連合)、ラムサール条約事務局、UN-Habitat(国連人間居住計画)、Gavi(Gaviワクチンアライアンス) ●国際機関選考枠(二次試験を各国際機関において行う機関) UNDP(国連開発計画)、WFP(国連世界食糧計画)、OPCW(科学兵器禁止機関)、OECD(経済協力開発機構)、ICAO(国際民間航空機関) ★2021年度 JPO試験説明会 2021年2月7日(日)9:30~10:45(日本時間) 2021年2月20日(土)22:00~23:15(日本時間) ※お申し込み・詳細はこちら ⇒ https://www.mofa-irc.go.jp/jpo/2021/dl-data/jpo-setsumeikai.pdf

  • 応募資格

    (1)2021年2月1日現在、35歳以下であること(生年月日が1985年2月2日以降であること)。 (2)以下の両方を満たすこと。 ■ア.志望する国際機関の業務に関連する分野において修士号を取得したか、または修士号を2021年7月末(※)までに取得見込みであること。 ■イ.志望する国際機関の業務に関連する分野において2021年7月末(※)までに2年以上の職務経験を有すること(アルバイト、インターン等は職歴とみなさない)。 (※)国連開発計画(UNDP)を志望される方は、「2021年4月末日まで」となります。 (3)英語で職務遂行が可能であること(受験に当たっては、TOEFLまたはIELTSのスコアの提出が必要になります)。 (4)将来にわたり国際機関で働く意思を有すること。 (5)日本国籍を有すること。

気になる 詳細を見る
NEW 直接応募求人

ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)派遣制度【分野/法務】

外務省国際機関人事センター(JPO派遣制度)

★応募締切日:2021年2月25日★ 原則として2年間、国際機関の職員として勤務しながら、国際機関の正規職員を目指す制度です。

800万円~1500万円 / リーダー | メンバー

外務省国際機関人事センター(JPO派遣制度)
  • 勤務地

    その他海外 / 日本 / インドネシア / タイ / インド / フィリピン / マレーシア / ミャンマー …

  • 仕事内容

    ◎主な業務 国際機関でも法務分野の知識を活かすことができます。 国際機関には基本的に法務部(Legal Office)が置かれており、労働・雇用関係等をはじめとする法務業務を担う法務専門官(legal Officer)の採用が行われています。また、多くの機関において人権や難民等の国際法の知識を求めているほか、国際的な知的財産権(IP)を扱う世界知的所有権機関(WIPO)のように特定分野の法知識を扱う機関や、国際刑事裁判所(ICC)、国際司法裁判所(ICJ)では個別の事件に関する法的文書の作成、リサーチ等の業務も行います。(その他の国際機関の求人情報についてはこちら→ https://www.mofa-irc.go.jp/link/link.html ) ■2021年度試験(応募書類受付:2月1日~2月25日)における機関ごとの主なJPOのポストリストをHPに掲載しました。ポスト情報の中には、求められている業務内容や必要な業務経験も記載されておりますので、JPO試験の申込にあたってはぜひご一読ください。 ※詳細はこちら ⇒ https://www.mofa-irc.go.jp/jpo/shokumu2021.html <主なJPOポストの募集機関(2021年度版)〉 ●外務省選考枠(二次試験を外務省において行う機関) 国連事務局、UNODC(国連薬物犯罪事務所)、UNFPA(国連人口基金)、UNICEF(国連児童基金)、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)、ITC(国際貿易センター)、UNRWA(国連パレスチナ難民救済事業機関)、UN Women(国連女性機関)、UNAIDS(国連合同エイズ計画)、CTBTO(包括的核実験禁止条約機関)、IOM(国際移住機関)、ILO(国際労働機関)、FAO(国連食糧農業機関)、UNESCO(国連教育科学文化機関)、WHO(世界保健機構)、ITU(国際電気通信連合)、WMO(世界気象機関)、WIPO(世界知的所有権機関)、IFAD(国際農業開発基金)、UNIDO(国連工業開発機関)、UNFCCC(国連気候変動枠組条約事務局)、ICC(国際刑事裁判所)、UNEP(国連環境計画)、IUCN(国際自然保護連合)、ラムサール条約事務局、UN-Habitat(国連人間居住計画)、Gavi(Gaviワクチンアライアンス) ●国際機関選考枠(二次試験を各国際機関において行う機関) UNDP(国連開発計画)、WFP(国連世界食糧計画)、OPCW(科学兵器禁止機関)、OECD(経済協力開発機構)、ICAO(国際民間航空機関) ★2021年度 JPO試験説明会 2021年2月7日(日)9:30~10:45(日本時間) 2021年2月20日(土)22:00~23:15(日本時間) ※お申し込み・詳細はこちら ⇒ https://www.mofa-irc.go.jp/jpo/2021/dl-data/jpo-setsumeikai.pdf

  • 応募資格

    (1)2021年2月1日現在、35歳以下であること(生年月日が1985年2月2日以降であること)。 (2)以下の両方を満たすこと。 ■ア.志望する国際機関の業務に関連する分野において修士号を取得したか、または修士号を2021年7月末(※)までに取得見込みであること。 ■イ.志望する国際機関の業務に関連する分野において2021年7月末(※)までに2年以上の職務経験を有すること(アルバイト、インターン等は職歴とみなさない)。 (※)国連開発計画(UNDP)を志望される方は、「2021年4月末日まで」となります。 (3)英語で職務遂行が可能であること(受験に当たっては、TOEFLまたはIELTSのスコアの提出が必要になります)。 (4)将来にわたり国際機関で働く意思を有すること。 (5)日本国籍を有すること。

気になる 詳細を見る
NEW

大手総合商社のコンプライアンス統括

大手総合商社(東証一部上場)
800万円~1500万円 / メンバー

取り扱い人材紹介会社

  • 勤務地

    東京都 / 日本 / インドネシア / シンガポール / タイ / インド / 中国 / フィリピン …

  • 仕事内容

    贈収賄防止管理・競争法管理業務、内部通報対応、その他コンプライアンス全般(グループ会社対応を含む)

  • 応募資格

    <必須応募要件> 弁護士事務所や大手企業における法務経験・知識 <望ましい経験・資格等> 日本・米国等の弁護士資格を保有

  • 人材紹介会社

    森田 徹

気になる 詳細を見る

高給与・好条件の多くは未公開求人です

会員登録
NEW

経理

大手総合商社(東証一部上場)
800万円~1300万円 / メンバー

取り扱い人材紹介会社

  • 勤務地

    東京都 / 日本 / インドネシア / シンガポール / タイ / インド / 中国 / フィリピン …

  • 仕事内容

    ■連結決算関連業務(国際会計基準)、単体決算関連業務(日本基準)および会計監査対応業務等。 ■全社予算管理業務。 ■法人税、消費税等の申告・納税・税務調査対応業務。 ■全社税務戦略の企画・立案業務。

  • 応募資格

    ■入社後は決算関連業務あるいは税務関連業務を担当。 将来的に海外現地法人・支店および国内外事業会社の経理・税務業務が可能です。

  • 人材紹介会社

    森田 徹

気になる 詳細を見る
NEW

連結決算、単体決算および会計監査対応業務

大手総合商社(東証一部上場)
700万円~1200万円 / メンバー

取り扱い人材紹介会社

  • 勤務地

    東京都 / 日本 / インドネシア / シンガポール / タイ / インド / 中国 / フィリピン …

  • 仕事内容

    ・連結決算関連業務(国際会計基準)、単体決算関連業務(日本基準)および会計監査対応 ・全社予算管理 ・法人税、消費税等の申告・納税・税務調査対応 ・全社税務戦略の企画・立案

  • 応募資格

    <必須応募要件> 4年制大学卒以上 以下のいずれかの職務において5年程度の実務経験を有する方 ・監査法人における監査実務、財務アドバイザリー業務 ・税理士法人における申告実務、税務コンサルティング業務 ・大手企業における財務、会計、税務関連業務 <望ましい経験・資格等> (1)日本公認会計士協会準会員の資格保有(公認会計士試験合格者) (2)税理士資格保有(税理士法人での実務経験が望ましい)

  • 人材紹介会社

    森田 徹

気になる 詳細を見る
NEW

営業経理

大手総合商社(東証一部上場)
700万円~1200万円 / メンバー

取り扱い人材紹介会社

  • 勤務地

    東京都 / 日本 / インドネシア / シンガポール / タイ / インド / 中国 / フィリピン …

  • 仕事内容

    ・営業グループの会計・務関連業務全般、事業会社管理支援 ・高度な会計・税務知識が求められ、チャレンジングな仕事が可能 ・海外現地法人や国内外事業会社への派遣を通じて、管理業務全般をマネージする経験可能

  • 応募資格

    <必須応募要件> ・会計、税務に関する実務経験(5年程度以上) <望ましい経験・資格等> ・日本または米国の公認会計士資格 ・監査法人から商社への出向・常駐経験 ・大手グローバル企業での勤務経験 ・英語力TOEIC730点以上

  • 人材紹介会社

    森田 徹

気になる 詳細を見る
NEW

法務

大手総合商社(東証一部上場)
800万円~1500万円 / メンバー

取り扱い人材紹介会社

  • 勤務地

    東京都 / 日本 / インドネシア / シンガポール / タイ / インド / 中国 / フィリピン …

  • 仕事内容

    総合商社における企業法務全般

  • 応募資格

    <必須応募要件> (1)弁護士事務所や大手企業において法務経験を5年以上経験し、海外M&Aや海外訴訟・  仲裁に精通 (2)日本・米国等の弁護士資格を保有し、またはこれに相当する知識・能力

  • 人材紹介会社

    森田 徹

気になる 詳細を見る
NEW

総合商社における企業法務全般

大手総合商社(東証一部上場)
800万円~1500万円 / メンバー

取り扱い人材紹介会社

  • 勤務地

    東京都 / 日本 / インドネシア / シンガポール / タイ / インド / 中国 / フィリピン …

  • 仕事内容

    ■国内外の投融資案件に係る法的スキームの構築・契約書作成・交渉等の支援 ■その他リーガルリスク対応、訴訟・仲裁案件の戦略立案・遂行等 海外ロースクールへの留学、海外現地法人・国内外事業会社への出向の可能性もあり。

  • 応募資格

    <必須応募要件> (1)弁護士事務所や大手企業において法務経験を3年以上経験 (2)日本・米国等の弁護士資格を保有 【望ましい経験・資格等】 ■海外M&Aや海外訴訟・仲裁にも精通した経験 ■英会話能力(TOEIC730点以上)

  • 人材紹介会社

    森田 徹

気になる 詳細を見る
NEW

大手総合商社の人事

大手総合商社(東証一部上場)
800万円~1500万円 / メンバー

取り扱い人材紹介会社

  • 勤務地

    東京都 / 日本 / インドネシア / シンガポール / タイ / インド / 中国 / フィリピン …

  • 仕事内容

    1) 当社グループ人材戦略の企画立案・推進に関わる事項 2) 本社員の採用・配置・育成・評価・処遇等、人事全般に関わる事項 3) 当社グループ社員を含めたグローバル人事全般に関わる事項 4) 事業投資案件及び事業投資先への人事全般の指導・助言に関わる事項

  • 応募資格

    <必須応募要件> ・企業での10~20年程度の業務経験 ・うち人事関連部署(又は人事コンサルティングファーム)での10年以上の業務経験 ・英語による基礎的なビジネスコミュニケーション能力(TOEIC730レベル以上) <望ましい経験・資格等> ・商社の人事(採用、配置、育成、評価、処遇、グローバル人事等)に関する実務経験 ・事業投資案件又は事業投資先への人事全般の支援に関する実務経験 ・人事担当としての海外駐在経験

  • 人材紹介会社

    森田 徹

気になる 詳細を見る
1~11 件目を表示(全11件)
  • 1

送信に失敗しました。