求人検索結果一覧

該当求人件数: 1件

キーワード

職種

選択する

スキル

スキルを探す

勤務地

選択する

年収

以上

その他の
選択条件

もっと詳しい条件
検索条件を保存して条件に合った新着求人メールを受信!
1~1 件目を表示(全1件)
  • 1
NEW 直接応募求人

化学分析・機器分析による元素定量分析(正職員/エンジニア)

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)

【応募締切は10月12日】国内唯一の「物質・材料科学」研究を専門にしている公的研究機関/化学分析のスペシャリストを目指す方を募集!

310万円~900万円 / メンバー

国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)
  • 勤務地

    茨城県

  • 仕事内容

    【業務内容】 ■化学分析および機器分析による無機材料・有機材料を構成する元素の精密元素定量分析を中心とした機構内外への分析支援業務(依頼分析対応、装置オペレーション、ユーザーへの化学分析教育、装置保守・管理) ■化学分析を基盤とした新規分析法開発、分析技術の標準化および分析信頼性確保に関する業務 ★新しく開発された標準物質の元素濃度値付け、新規に開発した分析技術の学会発表や分析技術の標準化など培われた技術や能力を内外で発揮できる多くの場も用意されています。 【エンジニア職とは…】 NIMSが2004年度から新たに設置したエンジニア職は、研究に関する新技術の開発および研究基盤構築の業務、調査分析、広報活動、研究環境構築などを行う職種です。 例えば、 ◎各種分析(電顕、化学分析など)・金属溶解・加工・圧延など研究者からの要望に応じて測定、ものづくりを行う業務 ◎金属材料・高分子材料・結晶構造など各種データシート、データベースの作成・維持管理を行う業務 ◎共同利用を進めている強磁場施設の維持管理を行う業務 ◎Webのコンテンツ設計、制作・編集、運営などを行う業務 などがエンジニア職の業務となります。 ★NIMSでは、研究を円滑に推進し多くの優れた研究成果を得る上で、装置、設備、プログラム設計などに関する独自の開発や高度化などを担うエンジニアを大変重要な職種と位置づけています。 ★研究職とは評価体系が異なり、業務目標管理型の評価を行っています。 ★現在約50人のエンジニア職員が所属しています。 【仕事のやりがい】 ◎古典的な技術から最先端の技術まで多くの技術に触れることができ、エンジニアとして主体的に幅広く、能力のプロモーションを考えることができます。 ◎本人の意思でマルチスペシャリストになることも可能です。 【キャリアパス】 ◎若手であれば2~3年間は、技術能力を高めるための技術研鑽をOJTで行っていただきます。 ◎中堅のエンジニアであれば本募集にある研究支援を達成するための業務を担当し、グループ運営業務が可能なレベルに発展していただくことを想定しています。 【所属(予定)】 ■技術開発・共用部門 材料分析ステーション 化学分析グループ 配属予定先である「材料分析ステーション 化学分析グループ」が担当している化学分析による精密元素定量分析は、物質評価において信頼性確保の基盤となる重要な技術です。このため化学分析による研究支援を中心に、化学分析技術を伝承するための技術標準化、および新しい評価法確立のための技術開発に継続して取り組んでいきます。 ★化学分析グループはお互いの業務内容を共有しながら、分からない点は相互に情報交換して、解決することで業務を遂行しています。若手であっても日々の技術研鑽を実行できる雰囲気があります。

  • 応募資格

    【必須】 ◎化学系の高専、大学学部卒以上、もしくは同等以上の能力を有していると認められること ◎原子吸光分析法、ICP発光分光分析法、ICP質量分析法などの湿式化学分析を経験したことのある方 ◎化学分析技術の向上および分析値の精確性向上に強い意欲のある方(技術研鑽に強い意欲のある方も可) ◎日本語および英語(日常会話レベル)によるコミュニケーション能力を有すること 【歓迎】 ◎機器分析装置の管理技術 ◎分析室での分析業務、JISなどの規格開発の経験 ◎環境計量士など化学分析に関する資格を有すれば尚可 ◎滴定法、重量法の経験があれば尚可 【求める人材像】 ◎実験室で分析業務を日々行うことに抵抗がない方 ◎自分自身の技術・技能の発展に努力できる方 ◎新しい技術の獲得に貪欲でコミュニケーション能力の高い方 ※元素分析に関する技能証明、教育訓練証明などを有する場合は応募書類に記載のこと。 ※1次審査通過後に実技試験(化学分析基本操作)を実施する場合があるので、実技試験に対応できる方。 ※下記のいずれにも該当しないこと。 ①禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでまたは執行を受けることがなくなるまでの者 ②懲戒解雇の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者 ③日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法またはその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、またはこれに加入した者

気になる 詳細を見る
1~1 件目を表示(全1件)
  • 1

送信に失敗しました。