ICPの転職・求人検索結果

該当求人件数: 1件

キーワード

職種

選択する

スキル

スキルを探す

勤務地

選択する

年収

以上
もっと詳しい条件
検索条件を変更する
1~1 件目を表示(全1件)
  • 1

有機分析担当/ENEOSグループ非鉄金属の会社

銅を中心とする非鉄金属製品の製造・販売などを手がける企業
従業員の働く環境を考え、フレックスタイム、年間122日以上、充実の福利厚生と制度があります。。
630万円~860万円 / メンバー

取り扱い人材紹介会社

吉葉 奈津子
  • 勤務地

    茨城県

  • 仕事内容

    ■当社の開発における分析を担っている技術開発センター分析グループにて、  有機分析の実施、有機分析方法の開発、有機分析技術の活用推進をお任せいたします。  当社の製品開発を更に進化・強化させるための、有機分析の技術活用を期待しています。 <具体的な役割> ・LC-TOF-MS、GC-MS、FT-IR等を用いた分析実務及び分析法の開発 ・分析機器の保守、管理 ・必要な分析装置の提案・導入 ・分析法の文献検索 ・メンバー育成 <採用背景> 非鉄金属メーカーである当社では無機分析・金属分析、表面分析・構造解析はこれまでに、分析方法の手法確立を自社内で行ってきており、専門知識を持った人員が豊富です。 一方で、有機分析に関しては、手法を開発段階であり推進する人員が不足しているという現状です。 また、直近ではより高度な分析を行うための最先端装置の導入も計画しており、更なる有機分析技術の充実化を行うのに相応しい人材を社外から迎えたいと考えております。 <当社における有機分析の必要性・方向性> 当社で開発している製品のめっき、製錬、金属精製等の工程にはかねてから有機物が添加されており、これまでは添加物の分析等を既存手法で行ってきました。 一方で現在は、添加して分解した後の有機物に関しては詳細な分析を行うことが出来ていません。金属製造や表面処理のプロセスに有機物を添加して性能を高めていく製品や金属と有機物の複合材料は今後も増加していくことが想定されており、有機物の分析技術の進化が当社の開発の進化を担うと考えております。 研究開発担当とフィードバックを繰り返しながら手法確立を進めていくことが直近の課題となっており、分析装置の拡充などに関しても積極的に行っていきます。

  • 応募資格

    ■必須学歴:大学卒 ■求める経験 ・有機化学を専攻し、質量分析装置を使用していた経験(LC-TOF-MS,GC-MS等) ■以下の条件に当てはまる方は歓迎 ・有機化学に関わる開発の経験 ・有機分析以外の分析(ICP-MS、XRF、XRD、TOF-SIMS)の経験 ・Orbitrap-MS、nano-ESIの使用経験 <求める人物像> 有機分析と一口に言っても、様々な背景の色々な分析依頼、開発ニーズが存在します。 有機分析装置のみならず、無機分析や表面・構造解析装置を用いながら検討を進めることも多々あります。 他分野の知識を積極的に吸収しつつ、コミュニケーションを円滑に撮れるような人材を求めています。

  • 人材紹介会社

    ENEOSキャリアサポート株式会社

気になる 詳細を見る
1~1 件目を表示(全1件)
  • 1

送信に失敗しました。