転職マニュアル

退職手続 円満退職のすすめ

会社を円満に退職できるかどうかは、退職する会社に対してはもちろん転職先の会社にとっても重要な問題。転職者1人のために会社を引っかき回されては迷惑だし、迎える側も、トラブルのタネを持ち込まれるのは困るからだ。しこりを残さず送り出してもらうためのポイントを考えてみよう。

目次

退職の意思表示は上司に

退職を決意したら、その意思はまず直属の上司に伝えよう。業務の進行に応じ、退職の時期が適切かどうかの判断を仰ぐとともに、業務を引き継ぐ後任者の選定も上司に委ねることになるからだ。

引き継ぎは完ぺきに

業務の引き継ぎは、可能な限り細かく、正確に伝えることが原則。仕事の段取りや現在の進行状況、今後の見通し、トラブルが生じたときの対処法など。後任者と一定期間、仕事をともにしながら、逐次説明していくと同時に、引継事項を文書化するとよい。口頭だけでは覚え違いが生じかねないし、文書として残しておけば、退職後もマニュアルとして活用してもらえよう。 営業職など外部に取引先を抱える人は、後任者を連れ、引き継ぎのあいさつをすることを忘れないようにしたい。

退職日まで気を引き締めて

残務整理も一段落し、引き継ぎも完了、あとは退職するばかりといった状況になると、ソワソワして周囲から浮いてしまいがち。退職当日まで平静を保ち、気を抜かないようにしたい。有給休暇が残っている場合、退職日までに消化しても構わないが、前提として、業務引き継ぎや残務整理をきっちりと終えてからにしたいものだ。

退職願の書き方

会社によっては所定の「退職届」を用意していることもあるが、ない場合、以下の書式に沿って「退職願」を書こう。

20200916171836-0e6516c04c6d297136675043ffbff14cb3170d61.png

 

 
転職先がご決定された皆様へ
日経転職版を通じて転職が決まったことをご報告いただいた方に、お祝いをご用意しております。