転職Q&A

「できること」と「やりたいこと」がかけ離れていたら?

プロジェクトマネジャーを目指し、転職を考えています。しかし実績はプロジェクトリーダーまでで、予算管理や進捗管理などは未経験です。この「できること」と「やりたいこと」のギャップ、採用においては不利になると思うのですが、正直に話すべきでしょうか(35歳・男性)

ギャップを自覚できている点は評価の対象に

「できることとやりたいことが離れていて不利」とありますが、不利だとは限らないと思います。というのも、「自分にできることを自覚している」「自己分析がしっかりできている」という点で、面接担当者に良い心証を与えるケースも考えられるからです。

「ここまではできる。ここから先はまだできないが、チャレンジしたい」ときっちり説明できたら、十分です。自分のキャリア、長所短所を理解していること、強い向上心があることを強くアピールできます。

このギャップが不利になるのは、いわゆる「青い鳥症候群」の人です。現在の自分にできることを自覚せず、何が必要なのかも分かっていない。ただ夢をみて転職を繰り返してしまう人のことです。要するに、自己分析ができていないのです。

また、ギャップを自覚できていたとしても、「やりたいこと」にこだわりが強すぎる人は採用されにくいでしょう。できないことをやろうとするのだから、「足りない点を補い、時間をかけて挑戦する覚悟がある謙虚な姿勢」が必要になります。

転職理由に悩むジョブホッパー

職種間にギャップがある、つまり一貫性なくさまざまな職種を経験している人がいます。こうした人が悩みがちなのが、転職理由の答え方です。

担当者の心証を良くしようと、一見バラバラに見える過去の転職にも、一貫したキャリアプランがあったかのように答える人もいますが、無理な話です。キャリアプランがあれば、そもそも仕事を転々としたりはしなかったはずです。

それは、担当者も分かっています。実際のところ、転職理由をきちんと説明できれば十分です。しかし、この転職が最後である、もうジョブホッピングはやめるというアピールは忘れずにしましょう。

転職先がご決定された皆様へ
日経転職版を通じて転職が決まったことをご報告いただいた方に、お祝いをご用意しております。