転職Q&A

退職の申し出は、転職先への入社日からどのぐらいを想定すべき?

退職を上司などに伝えるとき、退職希望日から逆算してどのぐらいを想定しておくといいのでしょうか。インターネットで調べる限り、2週間前や1カ月前など、いろいろな期間が出ていて迷っています
(34歳・男性)

「1カ月半から2カ月」は想定して円満退職を

有給休暇の未消化日数などにもよりますが、「1カ月半前から2カ月前」の申し出をおすすめします。多くの場合、退職を申し出たときに引き留めにあい、話し合いの場を設けたうえで最終出社日、退職日が決定されます。

退職に際しては業務の引き継ぎも発生するので、「最終出社希望日を設定したうえで、かかる期間を考慮して申し出る日を決定する」というのがいいでしょう。

確かに法律では2週間前までに退職願を提出すれば退職することも可能ですが、就業規則にいつまでに申し出るのか記載されている場合もあるので、一度確認してみましょう。転職先にスムーズに入社するためにも、円満に退職することが重要です。

会社に意思を伝える際には、「退職願」か「退職届」のどちらの提出が必要なのかも重要です。基本的には「退職願」を提出して退職の意思を伝えますが、却下されるなどして退職交渉が進まない場合には「退職届」を出すことで、会社側に退職の通告をすることができます。細かな点にも必ず注意を払うように心がけ、円満退職を目指してください。

転職先がご決定された皆様へ
日経転職版を通じて転職が決まったことをご報告いただいた方に、お祝いをご用意しております。