転職Q&A

マニュアルっぽくない面接を目指すには、どうすればいい?

ネットや本の面接マニュアルを参考にするせいか、「受け答えが画一的」とよく言われます。マニュアルっぽくならない面接をするにはどうすればいいのでしょうか(31歳・男性)

マニュアルの質問は見ても、答えは暗記しない

面接とは何をする場かを考えてみましょう。面接担当者が知りたいのはその人のキャリアやスキル、強みなどで、それらを踏まえて採用するメリットがあるかどうかを判断しています。特に中途採用で募集することが多い営業職などでは、数字による達成度などの具体的な内容が要求されます。

指摘される面接マニュアルの問題点は、答え方を暗記してほぼその通りの回答をしようとすること。人によってバックボーンも経験も違うわけですから、「他とは違う自分」をアピールしなければなりません。しかし「自分らしさ」がきちんと説明できないから、「マニュアル通り」と言われてしまうわけです。

ただ、マニュアルを100%否定するわけでもありません。それは、面接マニュアルには、まず尋ねられるであろう基本的な質問がきちんと取り上げられているからです。こうした基本の質問を知り、それに対してどう答えるかという「自分なりのストーリー」を作っておくことが大切です。作った回答を暗記して語ろうとすると詰まってあたふたしたり、予想外の質問に答えられなくなったりするので、大枠で「こういう主旨の回答をしよう」と決めておき、実例やエピソードを加えて話題を広げる工夫をしておいたほうがいいでしょう。

口べたでうまく話せなくても大丈夫?

言葉がつかえたり、流暢に話せなかったりすることは誰にでもあります。一番の原因は緊張だと思いますが、得手不得手の個人差もあるでしょう。面接担当者は人を見るプロですから、うまく話せなかっただけでその人の評価を決めることはありません。質問に対して的外れのことを言ったり、たどたどしい上にあまりにも説明が足りなすぎると「コミュニケーションの点で難あり」と評価されてしまいますが、多少言葉がつかえたぐらいならまったく気にする必要はありません。

転職先がご決定された皆様へ
日経転職版を通じて転職が決まったことをご報告いただいた方に、お祝いをご用意しております。