転職Q&A

小さい子供がいるのはマイナス要因?

これまで育児と仕事を両立させながら仕事をしてきました。両親のサポートがありますし、保育園との関係も良好。しかし転職となると、子どもがいることが不利になるとも聞きました。どのようにアピールすればよいでしょうか(30歳・女性)

バックアップ体制があることをきちんとアピール

お子様がいる女性求職者の面接をするとき、採用担当者が一番危惧するのは、育児が仕事に支障を来さないか、ということです。例えば、お子様が病気がちで頻繁に欠勤するとか、そうでなくても保育園からの呼び出しでしばしば早退するとか。そうなると、ほかの社員と同じような仕事を任せられるか、躊躇してしまう面があるかもしれません。

とはいえ、すでに育児と仕事を両立させているようでしたら、そのことをアピールすれば良いと思います。ご両親やご主人がこんなふうにバックアップしている、ご近所との協力体制ができている、そうした事実を根拠に、「だから業務に支障はありません、育児と仕事は十分に両立できます」とアピールしましょう。

もっとも、希望する雇用形態によっても、評価のされ方は変わります。業務範囲が広くしかも責任が重い仕事を任される正社員の採用時は、面接官はもっともシビアな見方をしてくるでしょう。それが契約社員になるとやや緩み、さらに派遣、アルバイトでの採用は、割り切った見方をしている場合もあり得ますので、応募する段階でご自身の状況にあった雇用形態を選択することも大事だと思います。

女性活躍推進の流れを背景に「女性が働きやすい企業」が増加中

非常に高いスキル、市場価値の高いキャリアをお持ちの女性であれば、「それでも採用したい」と考える企業はあるはず。働く女性すべてに当てはまる対策というのは、あるようでないのが現状です。それでもセオリーとして考えられるのは、まず女性にとって働きやすい職場づくりに意識的な企業を選ぶこと。そうでない企業との差は依然としてかなり大きなものがあり、企業によっては正社員、総合職でも育児と十分に両立できる環境が整っています。今後はさらに女性の活用を重視する企業が現れるのではないでしょうか。

転職先がご決定された皆様へ
日経転職版を通じて転職が決まったことをご報告いただいた方に、お祝いをご用意しております。