転職エージェント活用ガイド

転職エージェントとは?サービス形態や非公開求人などの基礎知識

転職エージェント(人材紹介会社)は、採用したい企業と転職希望者のマッチングを仲介する、いわば「民間のハローワーク」。転職希望者に対しては求人案件の紹介だけでなく、専任のコンサルタントがキャリア相談から応募書類の添削、面接の練習など転職活動を総合的にサポートする役割を担い、転職活動をする人にとっては「重要なパートナー」になりえる存在だ。

目次

転職エージェントはサービス形態と業界・職種の範囲で分類できる

ここからは、転職エージェント(人材紹介会社)の種類について解説する。まず、転職エージェントは大きく分けると、①サービス形態の違い ②業界・職種の範囲の違い という視点で分類することができる。それぞれに特徴があるので、自分がどんな転職支援をしてほしいかを考え、マッチする転職エージェントを探そう。

転職エージェントの種類① サービス形態

転職エージェントが提供する職業紹介サービスは、「一般紹介(登録)型」「サーチ型」「アウトプレースメント(再就職支援)型」の3つに分けられる。

※横スクロールでご覧いただけます。

「一般紹介(登録)型」 ~最も多いのがこのタイプ

一般紹介(登録)型は、人を求める企業と求職者からの依頼に基づいて、それぞれの希望に最適な組み合わせを探し出して双方に紹介するサービス。求職者が自分の意志で転職先を探す場合に利用できるのは、この一般紹介(登録)型だ。

「サーチ型」 ~俗にいうヘッドハンターはこれ

サーチ型は、企業からの依頼を受けて、最適な人材を探し出し、企業に引き合わせるサービスで、スカウトあるいはヘッドハンティングとも呼ばれる。今現在転職を希望していない場合でも、転職エージェントの情報網にリストアップされると声がかかることもある。

「アウトプレースメント(再就職支援)型」 ~ミドル、シニアの支援など

アウトプレースメント(再就職支援)型は、事業規模の縮小などで人員整理を進める企業などからの依頼に基づいて、雇用を継続できなくなった社員を対象に再就職のための教育研修、カウンセリングを行うサービス。その延長線上で職業紹介も行う。

それぞれのサービスに特化した会社もあるが、一般紹介(登録)型サービスをメーンに、サーチ型や再就職支援型に類する業務も手がけている会社が多い。

転職エージェントの種類② 総合型と特化型

転職エージェントが扱う業界・職種の範囲は、会社によってかなり異なる。大きく分けると、デパートのような「総合型」、専門店のような「特化型(ブティック型)」が存在する。それぞれの強み・弱みを整理した。

「総合型」 ~業種・職種の幅広さがウリ

総合型とは、ほぼ全ての業種・職種を網羅して求人を扱っている転職エージェントを指す。テレビCMなどで見かける転職エージェントの多くは、このタイプに該当する。

強みは、取り扱う求人数が多く、転職活動のノウハウが豊富にあること。弱みは、コンサルタントの担当する業界が幅広く、各業界の専門性が低くなる傾向があること。例えば、技術職などの場合、専門領域における技術や研究の話が通じなくて、物足りなさを感じることもあるようだ。

「特化型(ブティック型)」 ~専門領域に強い

特化型(ブティック型)とは、特定の業界や職種に特化した転職エージェントを指す。その業界出身のコンサルタントが中心となって活動している会社が多い。

強みは、業界知識に詳しく、企業との強いつながりを持っていること。そのため人材の募集背景などにも詳しく、求職者によりマッチした企業を紹介できる。弱みは、業界や職種を限定するので取り扱う求人数が少なくなること。また、総合型に比べるとコンサルタントの人数が少なく、質にややばらつきがみられることだ。

転職エージェントに関するよくある質問

利用料、複数の転職エージェントの利用はOKか、紹介を断ってもよいか、などの頻出質問について解説する。利用する前にチェックしておこう。

利用料はかかる?

求職者は無料で 転職エージェントを利用できる。求職者は転職エージェントから登録料、利用料などの料金を求められることはない。

求職者が無料で利用できる理由は、転職エージェントのビジネスモデルにある。転職エージェントは、仲介が成約したときに、求人企業から成功報酬として採用された人の年収の一定割合(一般紹介型の場合、通常35%程度)を受け取ることで事業を成立させている。つまり、手数料を支払うのは求人企業の側なのだ。

複数の転職エージェントを利用してもよい?

転職エージェントは会社によってそれぞれ得意領域や強みを持っている。今の転職活動の一般的なスタイルは、複数の転職エージェントに申し込み、数社を併用して各社の強みを享受しながら、活動を進めていく方法だ。つまり、複数の転職エージェントの利用はOK。企業や求人に関する情報を多方面からキャッチできるようにして、貴重な転職のチャンスを逃さないようにしたい。

ただし、転職エージェントの中には、「応募者の方が他社と掛け持ちすることは構わないが、その場合は他社を併用していると伝えてほしい」という会社もある。転職エージェントの価値観を尊重して、伝えるべき情報は伝えておこう。

紹介された求人を断ってもよい?

転職エージェントから紹介された求人が気に入らない場合は、求職者はもちろん断ってよい。紹介されたら必ず受けなくてはいけないということはないので、気にせずに断ろう。

ただし、断る理由については転職エージェントにきちんと伝えること。なぜなら、断った理由から、求職者によりマッチした求人を探そうとするからだ。今後の転職活動を円滑に進めるためにも、どんな点が嫌だと感じたのか率直に伝えるようにしよう。

必ず転職しないといけない?

転職活動を始めてから、今勤めている会社の体制や家庭の事情などに変化が起こる場合もある。社会情勢も日々変化している。今、転職したほうがいいのか、もう少し考えたほうがいいのか、悩むこともあるだろう。そんなときは焦らずに、転職活動を一時中断しよう。転職エージェントのお世話になったからといって、必ずしも転職しないといけないというわけではない。

公開求人と非公開求人の違い

転職エージェントのサイトなどを見ると、頻繁に「非公開求人」という言葉が登場する。非公開求人とは何か、非公開求人の情報を知らないとどんな不利益があるのかを解説する。

「公開求人」とは、みなさんが転職サイトなどで見ている一般的な求人情報のことで、これは応募条件が合えば誰でも応募することができる。
一方、「非公開求人」とは、企業がさまざまな事情から求人情報を一般に公開せず、水面下で採用活動を進めている案件を指す。このような非公開求人は転職サイトなどには掲載されない。

非公開求人の情報は転職エージェントなどが持っていて、転職エージェントは企業に代わり、求めるスキルや経験などにマッチした人材を探し、これという人材がいればアプローチする。自分が求めるポジションや注目度の高い仕事内容が非公開求人の中にある可能性は高い。幅広く求人情報をキャッチするためにも、転職エージェントは積極的に利用していこう。

本来、職業紹介事業は、職業安定法に基づき、厚生労働大臣の許可を得た会社でなければ行えない。許可を受けている会社は、事業所内に許可証を掲示するほか、ホームページにも許可番号を記載することが義務付けられている。許可番号は一般に、「○○-ユ-○○○○○○」となっているので、登録の前にこの許可番号の有無をしっかり確認しよう。

 
  • 日経転職版AGENT AWARDS
  • 日経転職版AGENT AWARDS
前の記事
次の記事

ピックアップ

注目企業

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。