転職活動で知っておきたい!

40の転職情報まとめ

人材の流動化や人手不足などもあり、企業は「40代人材」の採用に積極的です。ただ実際は、選考がなかなか通過しないなど厳しい面もあります。40代転職に待ち受ける「壁」とは何か? リアルな現状と転職を成功させるコツを紹介します。

メニュー

気になる!40代の転職事情

今、40代での転職って実際どうなの?!

40代での転職は20、30代に比べると競争率が高く、内定獲得へのハードルが高くなります。しかし、企業は採用における「35歳の壁」をそこまで気にしなくなっており、豊富な経験や知識、高いスキルを持ち、マネジメント力がある40代人材に期待しています。転職希望者にとっては今がチャンスといえるでしょう。転職を成功に導くには戦略的に考えて、早めに行動することが大事になってきます。

40代転職における気を付けるポイント

ポイント①20代~30代に比べて転職難易度は上がる

40代は若手・ミドル層の転職に比べて転職難易度が上がります。管理職や専門職の求人が多く、ポストの数が限られているためです。また、即戦力として期待されているため、選考では事業にどのように貢献できるか具体的に伝えることがポイントになります。入社後は早い段階から結果を問われやすい傾向があります。

ポイント②これまでの経験を生かす

40代はマネジメント経験や専門性を生かした転職が一般的です。自分はどのような業務を経験してきたか、得意な分野は何か、組織・チームをどのようにまとめてきたかなどを整理して採用選考に臨むことが大事です。また、企業成長の根幹は「人」であることから、人材を育成した実績は高く評価されます。

ポイント③40代転職は今後増加見込み

40代の転職市場は今後、活発化していくことが予想されます。少子化によって若年層の採用が難しくなっていることや「就職氷河期世代」への国の支援などもあり、企業は40代人材へ熱い視線を送っています。求職者側から見ても年齢的に転職できる“最後のチャンス”ととらえて、積極的に活動する人が増えています。

40代転職のお役立ちコンテンツ

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。