転職活動で知っておきたい!

営業の転職情報まとめ

営業での転職を考えている方に特化した転職情報をまとめました。気になる年収データや転職時のコツなど、営業の職種や業界ごとに丁寧に解説しています。今のお困りごとに合わせて、ぜひご活用ください。

メニュー

気になる!営業の転職事情

会社が提供する製品・サービスを顧客へ売るのが「営業」の仕事。営業の人員強化は会社の売り上げアップにつながるため、比較的に安定して求人ニーズのある職種です。
キャリア採用の場合、法人営業・個人営業の経験や専門知識が求められる場合もありますが、入社後の成長を見込んで未経験でも応募できる求人案件が多いのも特徴です。門戸は広く、チャレンジしやすい職種です。
業界や扱う商品によっては、1000万円クラスの高年収も期待できます。

仕事内容の違いを知る!営業の働き方の違い

法人営業

法人営業は、法人を相手に営業活動を行います。顧客は企業活動やビジネスのために製品・サービスを購入するので、顧客の属する業界の動向、経営戦略などに対する深い理解が求められます。

法人営業の求人を見る

個人営業

個人営業は、個人を相手に営業活動を行います。保険、不動産、金融商品などさまざまな商材があります。論理的な説得力に加えて、この商品が欲しいと顧客の感情を動かす力や「あなただから買う」と言わせる人間的魅力が求められます。

個人営業の求人を見る

代理店営業

代理店営業は、自社の製品・サービスを販売してくれる代理店の開拓や支援をします。自分は直接販売せず、代理店が売り上げを上げるサポートを行います。保険、広告、IT業界などに多いです。

代理店営業の求人を見る

営業への転職に!お役立ちコンテンツ

転職成功アンケートご協力のお願い
日経転職版を通じて転職が決まった方に、アンケートのご協力をお願いいたします。