NEW 直接応募求人

MaaS車両 運行管理システム開発

メンバー
400万~1400万

応募企業の指定したページからご応募いただきます。
日経転職版の会員情報を呼び出すことはできません。

プレミアムレポート 求人情報

未来に向けて変革を加速するトヨタ。ソフトウエアファーストへの転換を担うキャリア人材に期待

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社

あらゆるモノやサービスがつながる「コネクティッド・シティ」

次世代技術により、ビジネスモデルを大きく変えつつある自動車業界。リーディングカンパニーである「トヨタ」も、キャリア人材を積極的に迎え新たなチャレンジにまい進しています。同社がターゲットとしているのは、ソフトウエア人材。その意図や仕事のやりがい、選考のポイントをお伝えします。

カーカンパニーからモビリティカンパニーへの変革を目指して

カーカンパニーからモビリティカンパニーへの変革を目指して

AI、通信、データ分析などを活用した技術の研究・開発を推進

自動車業界は今、100年に一度の大変革期と言われていますが、三つの変化点があります。まず、一つ目は自動車業界からIT業界などへ競合相手が変わるということ。二つ目は、車の所有から利用へお客様のニーズが変わってきたこと。そして三つ目の変化は、新車販売から周辺商品やコネクティッドなどへお客様に提供する付加価値が大きくシフトしていることです。

そうした変革期において、トヨタは2018年に「カーカンパニーからモビリティカンパニーに変わる」と宣言しました。まさに、今は会社を変革させていく真っ只中にあります。社内ではソフトファーストと呼んでいますが、今までのハード中心の車づくりからソフト中心の車づくりに変わることを目指しています。

会社が変革していくためには、多様な人材の獲得が不可欠になってきます。似通った価値観の方ばかりで新しいことにチャレンジするには限界があります。あわせて、社内の風土改革も成し遂げなくてはいけません。この両輪によって、会社の改革を加速していきます。そのために、去年からキャリア採用へとシフトしつつあります。今後も継続して取り組み、将来的にはキャリア採用の割合を5割ほどに引き上げていきたいと考えています。

トヨタには上流から下流までソフトウエア人材が幅広く活躍できる領域がある

トヨタには上流から下流までソフトウエア人材が幅広く活躍できる領域がある

ソフトウエアファーストへの転換を加速させる人材を求めています

ソフトウエアファーストへの転換を加速していくための人材を幅広く確保することが、今回の募集職種の狙いです。ソフトとハードをつなぐという意味では、ややハード寄りのソフトウエア、いわゆるミドルウエアと呼ばれるところもあります。例えば、パワートレイン、先進技術開発でもハードに近い組込み系のソフトウエアの領域があります。コネクティッドは、UI/UXを含むサービスというお客様により近いところを担っています。そういう意味では、上流から下流までソフトウエア人材が幅広く活躍できる領域があるといえます。

トヨタには、制御を担当している方はいましたが、WEB系はほとんどいらっしゃいませんでした。そうしたエンジニアや彼らをまとめるアーキテクト、全体を統括するPMなどが社内的に不足しています。トヨタでは手の内化と言っていますが、新たな領域を担っていただく皆様と取り組みを社内で推進する体制を作り上げていきたいと考えています。

もちろん、経験が浅めの方や第二新卒の方にも可能性は十分にあります。これから皆で作っていくという想いに賛同していただける方を幅広くお迎えしたいと思っています。皆さん、理想とするエンジニア像をお持ちのはずです。その希望をトヨタで実現いただけるようなキャリアパスも検討を進めています。

自分の成果をグローバルなレベルで明確に実感できるのが醍醐味

自分の成果をグローバルなレベルで明確に実感できるのが醍醐味

自分の仕事の成果をグローバルレベルで実感!

現在、車というハードウエアをソフトウエアとの関係で変えていくことが、注目されています。そのため、世の中に大きな影響を与えられる仕事ができるはずです。さらには、我々は世界各国で車輌製造・販売を展開している、世界へ貢献している企業です。自分の成果がグローバルなレベルで実感できるのはトヨタで働くメリットです。

キャリア入社いただいた方には、前職での経験とトヨタの違いを職場の仲間に自発的に発信して、社員に多くの気づきをもたらしてくれています。新しい視点で業務をしていただいており、周囲も新たな知見・学びを得ることができたという話を聞いています。

トヨタではこれまでほとんどの社員は新卒で入社しており、「あうんの呼吸」が醸成されている部分は否定できません。そのため、キャリア入社の方を集めての研修や座談会も開催しています。皆さんとコミュニケーションを取り、困りごとをしっかりと改善していきたいからです。個々人へのフォローが徹底しているのは、トヨタらしい風土かもしれません。

社会的な意義、世の中に与える影響力。トヨタでなければできない仕事がある

社会的な意義、世の中に与える影響力。トヨタでなければできない仕事がある

日本のICTの重要拠点・大手町のオフィス

勤務地については、求人原稿に提示されています。その中からご自身のライフスタイルに合わせてご希望を提示していただければ齟齬はないと思います。例えば、豊田市は緑も多くて住みやすい街です。この点も応募者の方にアピールしたいと思っています。

今まで採用された方がトヨタを選んだ理由は、大きく三点あります。一点目はモビリティカンパニーへの変革をはじめ、新領域へチャレンジしていくというトヨタの姿勢そのものに対する共感です。二点目は、我々は「産業報国」と言っていますが、仕事の社会的な意義・意味、世の中への影響力の大きさを魅力に感じていただいています。三点目はトヨタの企業風土・価値観、人づくりを中心に車づくりを進めていく姿勢に共感いただいています。

なお採用にあたっては、トヨタに入ってやりたいことが明らかであるという志望度と人間力、実行力が選考の軸になってきます。ご本人が今まで培っていらした専門性や能力をトヨタで発揮していただけるのか、人間性尊重やチームワーク、正直・謙虚・感謝というワードに集約されるトヨタのカルチャーにフィットするのかを応募者、面接者がお互いに丁寧に確認し合います。

トヨタは変わっていきます。従来からのハードの力に加えてソフトの力で変革を進めていきますので、その中でお客様に幸せを広げていただける方にぜひ入社してもらいたいと思います。誰かのために働くことができる。その喜びをトヨタで体感してください。

プレミアムレポート 求人情報

送信に失敗しました。