NEW 直接応募求人

PMコンサルタント《クライアント企業のPMをサポート支援》

【大規模プロジェクトの“クライアント側のPM”を支援】クライアントサイドからプロジェクトを成功に導く業務で経験・スキルを発揮しませんか?

エム・ティ・ストラテジー株式会社

管理職
800万~1000万
プレミアムレポート 求人情報

大規模プロジェクトの知られざる“最上流”へ、PMを支えるプロフェッショナルを

エム・ティ・ストラテジー株式会社

エム・ティ・ストラテジー株式会社

 

大規模プロジェクトのPMを、プロジェクトマネジメント業務のプロフェッショナルが支援するというユニークなサービスを展開するティ・エム・ストラテジー。そこにどんなニーズを見出したのか、サービスを支える高度な人材はどのように育成しているかを代表に伺う。転職した社員の思いや目標もインタビューした。

クライアントのITマネジメント人材不足を解消する

クライアントのITマネジメント人材不足を解消する

代表取締役社長 田口 政孝

大規模なシステム開発の現場では、システムの機能ごとにいくつものグループに分かれ、各ベンダーが開発を進めています。クライアント側のPMは、その巨大な組織を一人で取りまとめ、管理や監視を行っています。

また、大規模プロジェクトにおいて、ベンダーによる開発が始まるプロジェクト実行フェーズは、プロジェクト全体のごく一部です。まず、プロジェクト実行フェーズの前に、組織の立上げやプロジェクト計画の立案が必要です。さらに、各ベンダーの開発が終了しても、プロジェクト実行フェーズはまだ半分以下。その後に、各機能の統合テスト、システム全体の総合テストという大きな山が待っています。

実は、この横串のテストがもっとも重要で難関です。各ベンダーごとにシステム開発の文化が異なるため、それらを統一する規定や調整が求められるからです。その後のシステム移行も重要であるのは、言うまでもありません。このように、クライアント側のPMは非常に広範なフェーズを見ているのです。

これらのプロジェクトマネジメントをスムーズに実現するためには、専門スキルが求められます。しかし、対応できるITマネジメント人材が少ないのが現状です。そこで、当社はクライアント側のPMに対して、プロジェクトマネジメント業務を支援するサービスを提供しています。これにより、PMがプロジェクトに対してスピーディで正確な意思決定をもたらすことを目指しています。

「研修内容」「提供したいサービス」「評価」が完全に一致する明瞭な制度

当社が目指すサービスの提供には、国際的に定められたマネジメント知識体系「PMBOK(R)」を熟知し、高いレベルのコミュニケーション/ドキュメンテーション能力や調整能力が必要です。それらを身につけられるよう、充実した研修を用意しています。e-ラーニング用には、オリジナルの動画教材を作成。学習内容は「議事録の書き方」「課題管理台帳の記入法」といった実務スキルも網羅されています。

評価には「スキルシート」を用いています。社員は、研修で学んだことや、それを業務で実践したことをエビデンスとして記入していきます。「スキルシート」が埋まると、ポジションが「PMOスタッフ」から、「PMOリーダー」、「統括PM補佐」、「PMコンサルタント」、「戦略コンサルタント」へとキャリアアップするシステム。研修内容と、会社が提供したいサービス、そして評価が完全に一致しているのが特長です。

社員の成長をサポートするため、コンサル事業を3つの部署に分け、教え合える環境も整えました。そのなかで集合研修を実施してもらうなど、メンバー間での学習フォローや情報共有を促進しています。

学びの機会は十分に提供し、誰もが平等に評価される環境です。当社はベンチャーですが、携われる案件は最上流で大規模なプロジェクトばかり。現場で貴重な経験も積むことができます。自ら学び、成果を出すほど、最短距離でコンサルタントとして活躍を目指せます。努力をいとわず、ひたむきに一生懸命頑張る人を、全力でフォローしていきたいと思います。

開発経験にPMスキルをプラスして、より長いキャリアを

開発経験にPMスキルをプラスして、より長いキャリアを

PMOリーダー 柳原 誠

前職は現場のシステムエンジニアで、そのときは解決すべき課題や、その解が決まっていました。しかし、もっと成長したいと考えたとき、自ら課題を見つけ、アプローチ方法を生み出す仕事に挑戦したいと思い転職しました。

私は、「仕事で重要なのは人だ」という考えで、当社の代表の「会社で重要なのは人だ」という考え方と近いものを感じたこと、 また、当社が研修に力を入れている点も決め手でした。これまでシステムをつくる側だったので、コンサルの知見やノウハウがなく、ゼロから身につけたかったからです。「スキルシート」によって定量的に評価される点も魅力でしたね。属人的な評価ではなく、本人の努力次第なので納得感がありました。

2020年7月に入社し、2021年1月より、大規模プロジェクトの品質管理本部の方に、プロジェクトを改善するための提案などを行っています。答えがどこにあるのか、正解の形は何なのか、自分で考えなければならないのは、これまでのキャリアではなかったことです。とても刺激的で、望んだとおりの貴重なキャリアを積めていると感じます。

システムエンジニアは、IT業界に入る上で取り組みやすい職種ですが、そのぶん競争も激しく、技術力だけで戦い続るのは、正直なところ大変だと思います。しかし、開発経験がある上で大規模プロジェクトのPMOになれば、差別化につながり、より長いキャリアを描けると思います。自分の市場価値を高めるため、キャリアアップを目指したい人は、ぜひ一緒に頑張りましょう。

「スキルシート」から、キャリアアップのためのプランを逆算

「スキルシート」から、キャリアアップのためのプランを逆算

PMOスタッフ ハリウィ 真弓

以前はベンダーで、常駐メンバーとしてタスクをこなす業務に携わっていました。しかし、ずっと続けていてもスキルが身につくとは思えず、社歴の長い方が多かったのでポジションの上がるチャンスも少ないと感じ、転職を決めました。

当社は、PM支援に事業を絞っているところがおもしろそうだと思い、興味を持ちました。自分で考えて提案できる点も魅力。そのためのスキルやノウハウを研修で学べると知り、ワクワクしました。また、すぐにOJTで現場に出られるのも活躍のチャンスが広がっていると感じました。

2020年11月に入社し、今は大規模プロジェクトのなかの、テストを担当するPMをサポートしています。開発するベンダーごとに、テストにも作法があり、それをどうやって標準化していくか、提案を続けています。

プロジェクト自体はロングスパンですが、業務はお客様から週の頭に新たな相談を受け、週の最後に成果物を提出するといった1週間タームで進んでいます。そのため、いつも新鮮。学ぶことも多くて楽しいです。

キャリアアップのため、「スキルシート」も積極的に埋めています。一つ上の職級を目指すために、どんな研修や実践が必要なのかが明確なので、キャリアプランを逆算して立てています。CAPM(R)も取得しました。結果を出せば、自由に働いてOKという社風なので、社内で勉強する時間も、日々のスケジュールに組み込み、自己研鑽に励んでいます。やればやっただけ評価を望める会社なので、モチベーション高く取り組めています!

プレミアムレポート 求人情報

送信に失敗しました。