NEW 直接応募求人

AIエンジニア

◆JDLA賛助会員◆基本リモート勤務◆一次請け・プライム案件10割◆転勤なし◆創業以来黒字経営◆離職率2%以下◆土日祝休み◆年休125日◆残業代1分単位支給◆服装自由◆オンライン面接実施中

ジャパニアス株式会社

メンバー
600万~900万
プレミアムレポート 求人情報

AIやクラウドを活用して社会に貢献していきたい。

ジャパニアス株式会社

ジャパニアス株式会社

さらに付加価値の高いサービス提供へ。新たな仲間を積極募集

多くの開発現場のニーズに応え成長を続けるジャパニアス。より付加価値の高いサービスを提供していくために、新たにAI関連事業に着手した。日本ディープラーニング協会への加盟や品川開発センターの創設など、強い意気込みが伝わってくる。事業の概要や求める人材像、職場環境などを4人に語ってもらった。

目指しているのは、エンジニア一人ひとりが自立した組織を作り上げること

目指しているのは、エンジニア一人ひとりが自立した組織を作り上げること

品川開発センター センター長 木村

社長の日坂から、「日本はAIやDXが立ち遅れている。ジャパニアスがそれらを使いこなし、ブランドの価値を上げて行きたい」と持ち掛けられ、その拠点となる品川開発センターの立ち上げを推進しています。

ジャパニアスにおけるAI事業の柱は三本。第一にAI/IoTコンサルティング事業、第二にエンジニアリングサービス、もう一つがAI関連、教育サービスです。既に多くの案件が寄せられており、自然言語処理や自動運転の機械学習、LTE通信トラフィックのAIを利用したデータ解析などの事例があります。業種・業界も多種多彩です。直近では、製造業や社会インフラ、モバイル、自動車などをターゲットとしていますが、2021年以降は金融や医療分野にも広げていきたいです。といって、何でも手を出すつもりはありません。あくまでも、エンジニアが社会貢献できる案件に絞り込んでいこうと思っています。やはり、自分のやっていることが何の役に立っているのかが分からないと、誇りやモチベーションが持てないからです。技術は世の中にためになってこそ。自分の技術を上げることで、チームや会社が底上げされ、より社会に貢献していけるようになります。それだけに、協調性、共感性を大事にしながら運営しています。

目指しているのは、エンジニア一人ひとりが自立できるセンターにしていくこと。教育や成長の機会を積極的に提供していますし、自由な裁量やリモート主体のワークスタイルなど、働き方も柔軟にと考えています。

<品川開発センター センター長 木村>

経験やスキルだけでなく、人間力溢れる仲間を迎え、良いスパイラルを生んでいきたい

経験やスキルだけでなく、人間力溢れる仲間を迎え、良いスパイラルを生んでいきたい

品川開発センター 採用担当 大塩

現在私は、品川開発センターの採用に従事しています。AIエンジニアやクラウドエンジニアなどの職種で新たな人材を募集していますが、求める人材像は同様です。実務経験やスキルは大切ですが、それだけで選ぶつもりはありません。協調性があるか、周囲のメンバーに良い影響を与えてくれるか、職場の居心地を良くしてくれそうか、今のメンバーと上手くやっていけるかなど、その方の人柄・人間性も重視しています。仕事は一人でやるものではありません。どんなに技術力があって、仕事ができたとしても、一人よがりではチームとしての成果が導けませんからね。できない側の気持ちも分かる、相手の立場に立って仲間を思いやれる。そんな方であってほしいと思っています。

エージェントからもよくエンジニアの紹介がありますが、日頃から「十分に精査した上で、本当に品川開発センターに必要と思える方だけをグリップしてほしい」と担当者にはお願いしています。

もちろん、我々もこのセンターをエンジニアの規模だけを追求する拠点にするつもりは、一切ありません。情報・知識・人間力を持ったメンバーが集まり、お互いに相乗効果を生んでいけば、スキルは平準化していきますし、センター全体のレベルも自然と上がっていくはずです。まさに、そんな良いスパイラルを創出していきたいと思っています。こうした我々のビジョンに共鳴・共感いただける方にお越しいただきたいですね。お待ちしています。

<品川開発センター 採用担当 大塩>

「自分のチームを持ちたい」という夢を実現。次は売り上げで組織に貢献したい

「自分のチームを持ちたい」という夢を実現。次は売り上げで組織に貢献したい

クラウドエンジニア 古賀

現在、クラウドインフラチームのリーダーとしてネットワークを中心としたメーカーからの請負案件を担当しています。プロジェクトマネジメント支援を手掛けており、業務は多岐に渡りますが、裁量を委ねられているので大きなやりがいを実感しています。

ジャパニアスには2019年に入社しました。前職で10年ほど働いていましたが年配の社員が多く、「自分のチームを作るのは難しい」と判断し、転職を決意したんです。ジャパニアスは会社が成長途上ゆえ伸びしろがあります。「ここなら、自分の想いを叶えられる」と判断し、飛び込んできました。品川に新たな開発センターが開設され、インフラ系の専門チームが立ち上がると聞いた時には、「このチャンスを逃したくない」と参画することを決めました。

採用に意欲的ゆえ、私のチームでも経験者が少しづつ揃ってきました。でも、「もっともっと経験者で固めていきたい」というのが本音です。ジャパニアスの良さとして伝えたいのは、働きやすさです。リモートワークを積極的に導入していますし、出社日の時差出勤も認められています。コロナ禍でも何の心配もなく働けるのは、ありがたいことです。また、人材の育成に注力している点も見逃せません。エンジニアへの教育を推進しています。私自身もここで働くようになってから、知識の幅が一段と広がり、成長を実感できています。今後は、売上で組織に貢献していきたいです。ただ、インフラの仕事は日々の積み重ね。地に足を付けた取り組みを心がけています。

<クラウドエンジニア 古賀>

社内公募で参画。AIを活用した新たなビジネスを創出していきたい

社内公募で参画。AIを活用した新たなビジネスを創出していきたい

AIエンジニア 神田

ジャパニアスには、新卒で入社しました。決め手となったのは、社長の人柄。「この人のもとで働いてみたい」。そんな気持ちになれたからです。入社後しばらくは、旅行サイトの開発に携わっていました。社内公募で、AIの専門チームが立ち上がることを知り、「ぜひ参画してみたい」と思ったんです。

新チームに異動してからは、JDLAが実施しているG検定用の教材づくりのリーダーを務めました。既に開発を終えており、成果を経営陣に発表するとともに運用の準備に取り掛かっているところです。現状では、あくまでも社内向けですが、できれば社外向けに拡販していきたいと思っています。また、個人的には金融系、特にAIを活用した株価の予想ツールを手掛けてみたいです。ジャパニアスはやりたいことを言える・実現できる会社なので、楽しみでなりません。

私が最終的に目指しているのは、色々なサポートができるエンジニアです。縁の下の力持ちといったらいいでしょうか。一緒に働いている皆さんがとても知識欲があり、何かと刺激を与えていただけています。少しでも恩返しができるよう、皆さんを支えていける人材になりたいです。それと、もう一つは新規の事業やサービスをいつか創出したいという想いもあります。そのためにも、日頃から技術情報だけではなくて、世界の動向にも目を向け、ビジネスチャンスの芽になるものがないかと探すようにしています。そんな風に自分を前向きにさせてくれるのが、ジャパニアスという会社の良さかもしれません。

<AIエンジニア 神田>

プレミアムレポート 求人情報

送信に失敗しました。