株式会社クロコ

株式会社クロコ

コンサルタント

谷田部 浩輝
コンサルタント歴:10年
企業と密なリレーション 親身なコンサル 業界知識豊富
士業界(監査法人・税理士法人)管理部門組織へ10年超、一貫して転職支援をさせて頂いております。
コンサルタントに応募する
  • 得意業種

    通信・ネットワークサービス

    【企業管理組織の方へ】
    管理部門組織の役割や立ち位置はこの10年で大きく変化しています。従来の管理部門は閉鎖的な組織であり転職者を積極的に受け入れるというよりもたたき上げの新卒社員や社長の縁故者が多くを占めていました。
    しかし、ビジネスのスピードや世のコンプライアンス意識の変化で、より『専門性ある人材』『適性の高い人材』へと変化してきています。
    管理組織の転職では、会社の財務状況、人間関係、社内キャリア等の定量、定性が入り混じる情報を収集する必要があり、難易度の高い転職活動が要求されます。
    弊社では、公開情報・非公開情報を保有し、特に数字で表れにくい人間関係や社内キャリアなどの情報提供を厚くしており、転職のリスク低減に注力しております。

    コンサルティング・会計・法律関連

    【士業界の方へ】
    士業界の採用は、コロナ禍以前から変わらず売り手市場が続いています。転職者にとっては、採用の枠が多いことは嬉しいことでもある一方、キャリア選択の難易度が上がり、ミスマッチも増えているのが現実です。
    業界の特性として求人公開情報が不足している傾向があり、求職者個人で情報収集をし、自分に合った求人を探すということが簡単ではありません。
    ギャンブルのようなキャリア選択・転職から卒業し、一人でも多くの方が最適な選択ができるよう、クロコが全力でお力添えさせていただきます。

  • 得意職種

    - 管理部門
    - 企画・マーケティング
    - コンサルタント・顧問

  • メッセージ

    【企業管理組織の方へ】
    管理部門組織の役割や立ち位置はこの10年で大きく変化しています。従来の管理部門は閉鎖的な組織であり転職者を積極的に受け入れるというよりもたたき上げの新卒社員や社長の縁故者が多くを占めていました。
    しかし、ビジネスのスピードや世のコンプライアンス意識の変化で、より『専門性ある人材』『適性の高い人材』へと変化してきています。
    管理組織の転職では、会社の財務状況、人間関係、社内キャリア等の定量、定性が入り混じる情報を収集する必要があり、難易度の高い転職活動が要求されます。
    弊社では、公開情報・非公開情報を保有し、特に数字で表れにくい人間関係や社内キャリアなどの情報提供を厚くしており、転職のリスク低減に注力しております。

  • 職務経歴


    谷田部 浩輝(やたべ ひろき)

    1988.05.27生

    2011.4~2013.3 スターツコーポレーション㈱【富裕層向PB】
    証券事業部配属プライベートバンキング業務及びタックスマネジメント業務に従事

    2013.3~2019.7 ㈱MS-Japan【管理部門士業特化転職支援】
    最年少マネージャー昇格並びに年間MVP(全社売上1位)獲得

    2019.7~2020.6 ㈱MyRefer【HRtech】 
    ボードメンバーとして参画/部門立上(マーケ、セールス)及びマネジメント

    2020.06~現在 ㈱クロコ創業 代表取締役
    企業管理部門・士業界特化人材紹介事業及び経営コンサルティング事業

成功事例

年齢
45歳/
学歴
大学卒
業種 電気・ガス・水道・エネルギー 職種 経理・財務・会計
職位 課長 年収 700万
業種 小売(専門店) 職種 経理・財務・会計
職位 マネージャー 年収 750万

転職要約
①老舗インフラ企業→成長著しいサービス業企業へ転職成功

②年収アップ(700万円→750万円)成功

背景
①転職背景として、組織が硬直化してしまった現企業でキャリアを終えるのではなく、企業と一緒に自分も成長できる環境に転職したい

②相談内容としては、転職したことが無く、とにかく面接が不安です。

③面接同席や条件交渉を細かく行い、希望条件でのオファーを獲得

年齢
34歳/
学歴
大学卒
業種 Webメディア・サービス 職種 人事
職位 リーダー 年収 550万
業種 SIer・ソフトウェア開発 職種 人事
職位 課長 年収 500万

転職要約
①働き方の激しいベンチャー企業→WLB重視の企業へ転職成功

②年収ダウンと引き換えに働き方の改善と充実した福利厚生を獲得(550万円→500万円)

背景
①転職背景として、とにかく忙しい、人事として面接から勤怠労務管理、規定整備等このままの働き方に不安を覚えてご相談にいらっしゃいました。

②相談内容としては、WLBを保ちながら将来性のある会社への転職を叶えたい。

③入口の年収ダウンを受け入れて頂き、その分福利厚生や働き方の改善の出来る企業とお引き合わせをさせて頂きました。

年齢
36歳/
学歴
大学卒
業種 ITコンサルティング 職種 法務・知財・特許
職位 マネージャー 年収 800万
業種 その他(IT・ソフトウェア・インターネット) 職種 法務・知財・特許
職位 マネージャー 年収 850万

成果
①業種特化会計事務所→中規模会計事務所へ転職成功

②年収アップ(420万円→480万円)成功

転職要約
①転職背景として、法務として定型化された仕事ではなく、M&Aや権利関連のスキル経験を積みたく転職を検討

②相談内容としては、法務として幅を広げられる仕事、単なる法務知識だけではないビジネスの知見を得られる環境に身を置きたいというご相談を頂きました。

③IT系ベンチャーを含めてM&Aの動きを活発化させている企業群をご紹介。その中で組織内部の人間関係等自身の肌に合う先を一緒に選定し転職先決定

年齢
30歳/
学歴
専門卒
業種 税理・会計事務所 職種 その他(法律・会計系専門職)
職位 メンバー 年収 420万
業種 税理・会計事務所 職種 その他(法律・会計系専門職)
職位 メンバー 年収 480万

転職要約
①業種特化会計事務所→中規模会計事務所へ転職成功
②年収アップ(420万円→480万円)成功

背景
①転職背景として、直近の事務所が業種特化で税務の知識を一部しか使用することが出来ない。幅広い業種のビジネスを支援したい。

②相談内容としては、これまで転職活動を試みたが、外国籍という事で書類選考が通過しないので、悩んでいます。

時間軸
①谷田部の提案としては、既に外国籍の方を雇い、上手くいっている会計事務所のみを紹介することを約束

②1週間後、会計事務所2社を紹介し、面接に進み、2社内定を獲得

③1週間後、各事務所に所属する外国籍スタッフとカジュアル面談を実施し、1社の会計事務所の内定を承諾。

年齢
45歳/
学歴
大学卒
業種 税理・会計事務所 職種 その他(法律・会計系専門職)
職位 スタッフ 年収 450万
業種 税理・会計事務所 職種 その他(法律・会計系専門職)
職位 メンバー 年収 450万

転職要約
①零細会計事務所→中規模会計事務所へ転職成功
②年収維持(450万円)しつつ、残業0の正社員契約を獲得
③転職から3か月、残業することなく、所長・所員からも評価が高い、WINWINの関係に。

背景
①転職背景として、直近の事務所にハローワーク経由で入社し、ブラックな環境(残業手当なし、36協定無し、雇用契約書写し無し)に疲弊していた。

②相談内容としては、会計事務所の仕事は大好き(クライアントワーク)、でも家庭もあり、子育てあり、税理士試験の勉強もしたい。こんな私わがままでしょうか?

③働き方の希望や家庭状況などを会計事務所の所長へ直接交渉を行い、希望条件のオファーを候補者の方へ提示、面接へと進み内定獲得

似ている求人を探す

勤務地から探す

得意分野から探す

送信に失敗しました。