NEW 求人ID : NKTN80769193

【江東区】 自動調理ロボットのバックエンドエンジニア

「調理ロボット」で人手不足が深刻化している飲食業界の課題を解決!「持続可能な食インフラ」をロボティクスの力で実現します。同社が開発する調理ロボットと注文プラットフォームは、すでに大手外食企業への…

求人会社名:TechMagic株式会社

メンバー
450万円~800万円

募集要項

  • こだわり条件

    ベンチャー企業 シニア歓迎 英語力不問 フレックス勤務 年間休日120日以上 土日祝日休み 転勤なし 駅徒歩5分 急募

  • 仕事内容

    同社は2018年に設立したフードTechベンチャーです。
    一般消費者・飲食店・セントラルキッチン・食物の生産者といった
    食のサプライチェーンを、ロボティクスの力で支え 「持続可能な食インフラ」を
    実現することをMissionに 独自の画像認識技術やAI技術を搭載した製品を
    開発しております。
    今回ご入社いただく方には同社ロボットに関する以下の業務をご担当頂きます。

    【職務内容】
    ■PhythonやC、C++、Linuxを用いたシステム設計やソフトウェア開発
    ■Python3 + Djangoによるバックエンドの実装(REST API、WebSocket等)
    ■データベース設計
    ■インフラ周りのアーキテクチャ設計、構築等(AWS、EC2、ECS、Docker、Kubernetes等)
    ※今回ご入社いただく方にはバックエンドエンジニアとして開発業務に携わっていただきます。
    ※基本的には実装を中心としていただきます。
    ※データベース設計については現在ある程度できているため、大きく変更する事はありませんが、一緒に設計できればと思います。
    ※要望があればインフラ周りのアーキテクチャ設計等も可能です。

    【TechMagic社について(http://techmagic.co.jp/)】
    少子高齢化社会の中で新しい労働力を創出することをMissionに掲げ
    まずは最も人手不足が深刻化している飲食業界で自動調理システムの導入を目指し大手飲食企業と共同開発を行っています。

    2018年に5.4億円の資金調達を完了させ、顧問には前Google日本法人名誉会長の
    村上氏が、社内のエンジニア陣にはSony社でプロダクト設計歴26年の方や元NEC社・シリコンバレーの画像解析エンジニア、トヨタ自動車社でロボット開発をされていた方など優秀で熱い想いを持ったプロフェッショナルが揃っています。

    【事業展開】
    既に大手飲食チェーン複数社(延べ20,000店舗超)からの引き合いがあり、順次調理ロボットを導入していく予定です。
    また「業務自動化AIロボット事業」も好調で、2020年度内にAIロボットの導入が決まっており、こちらも今後需要がさらに拡大していくことが予想されております。

    【同ポジションで働く魅力】
    ■ご本人が希望すればフロントエンドや設計にも携わることができ、スキルの幅を広めたい方にお勧めです!
    ■また納期に追われる開発ではないため、高い技術力を誇る製品を求めて開発に専念することができます。


    ※職務内容の詳細につきましてはご面談時にお伝え致します。

  • 応募条件

    ■Webサーバサイド・クラウド開発(AWSなど)の開発経験
    ■Python/C#/Java/Rubyいずれかの使用経験をお持ちの方
    (※目安:5年程度のご経験)


    【求める人物像】
    ■今後もスキルアップしていきたいという高い志をお持ちの方

  • 年収

    450万円~800万円
    450万円~800万円

  • ポジション

    メンバー

  • 雇用形態

    正社員

  • 勤務地

    東京都
    江東区

  • 勤務時間

    10:00~19:00

  • 休日・休暇

    完全週休二日(土日)、祝日、年末年始、夏季休暇、誕生日休暇、生理休暇、有給休暇など

  • 企業PR

    TechMagicは、調理ロボットで人手不足が深刻化している飲食業界の課題を解決します。
    現在、店舗ネットワーク1,000店舗を超える飲食企業と次世代の調理ロボットを日々開発しています。
    『持続可能な食インフラを創る』ことを実現すべく邁進しています。

    外食産業の人手不足は80%を超え、日本企業の平均30%前後と比べると異常値です。
    (帝国データバンク『人手不足に対する企業の動向調査』2017 年 10 月)
    外食産業では、人手不足から営業時間を短縮したり、賃金の高騰で経営が圧迫され、倒産に追いやられている店舗も続出しています。
    そんな飲食企業に調理ロボットを導入することで、飲食企業の厨房を自動化することで生産性向上を目指します。

    また、家庭用ロボットでは、高齢者、社会で活躍する女性、一人暮らしの男性をはじめ多くの人が、いつでも健康的な食事を食べられる世の中であるべきと考えています。

    前Google日本法人名誉会長が顧問についており、元楽天や元ソニーの方など熱い想いを持ったプロフェッショナル集団です。

求人会社情報

  • 資本金

    356,000,000円

  • 従業員

    31

  • 事業概要

    クッキングロボット、業務自動化ソリューションの企画、設計、開発、販売

この求人の取り扱い人材紹介会社・コンサルタント ご相談や条件交渉などのサポートを行います

人材紹介会社情報

株式会社パソナ
株式会社パソナ
  • 設立

    1988年4月14日

  • 資本金

    50億円(持株会社(株)パソナグループ)

  • 従業員(紹介部門数)

    (株)パソナグループ連結:8,682名(契約社員含む) (2017年5月時点)

管理部門
管理職/エグゼクティブ
金融

【管理部門】【エグゼクティブ】【金融業界】【ハイキャリア】の転職支援の実績多数。
業界に精通したアドバイザーが、キャリアアップをご支援します。

この求人に関連するスキルで検索



似ている求人を探す

求人検索をする
  • 【江東区】 自動調理ロボットのバックエンドエンジニア

    「調理ロボット」で人手不足が深刻化している飲食業界の課題を解決!「持続可能な食インフラ」をロボティクスの力で実現します。同社が開発する調理ロボットと注文プラットフォームは、すでに大手外食企業への…

  • 気になる この求人に応募する

送信に失敗しました。

送信に失敗しました。